川沿いの風景を作る バラストを撒く

引き続きこの周辺を仕上げるために、しばらく放置中だった線路にバラストを撒きます。

今までグレー系とブラウン系を中心に使ってきましたが、今回初めてベージュ?系を使ってみます。
使うのは KATOの24-330 明灰色です。

大きさはとにかく細かいです。
各社からバラストが発売されていますが、細かさでは一番かな??

ガイドレールの隙間にバラストが入らないようにマスキングし、バラストを撒いていきます。

スケール的にはこれくらいの細かさが合っているのでしょうが、丁寧にボンド水を撒かないと
勢いで流れてしまいそうです。

RIMG6070.jpg

我が家のレイアウトは、フレキシブルレールの下に騒音防止のため2ミリのコルクを貼っているため、
場所によってはバラストが4ミリ近くの厚みになっているところもあります。

そのためバラストがたくさん要るのは当然ですが、このような小粒のバラストの場合、
とにかくボンド水を撒いても撒いても下の方に浸透するだけで、なかなか固まってくれません。
今回も撒いては乾かしを繰り返し、完全に固定するまで2日間必要でしたw

いつもこの作業の後、複線の間をライトセメントで下塗りし、かさ上げしようと思うのですが、
学習能力がありませんね。。。

やっと固まったバラストを、エアブラシで塗装していきます。

RIMG6071.jpg

MRカラーのダークアースを主体にグレーとフラットベースを加えました。

RIMG6074.jpg

ここで、この日の夕食です。

九州新幹線 全線開業記念の「九州新幹線さくら弁当」です。
子供が近くのスーパーで買ってきました。

RIMG6093.jpg

たま駅長の湯呑みは別売です(^^)

RIMG6096.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する