ジェットコースターを作る 真鍮を磨く

1/150のジェットコースターの製作、18回目です(^^)

部材の取付が一段落しましたので、、、

RIMG25121.jpg

塗装は、まだまだ先のことになりますがww

とりあえず見栄えだけでも綺麗にと、ハンダ作業の汚れを落とすことにしました(^^;)

RIMG25123.jpg

で、作業に並行し、改めて顔を近づけて見つめてみますと、
何カ所かハンダが外れているのが見つかりました。。。
 ↑ ハンダって、接着強度?が弱いですから

RIMG25126.jpg

と言う訳で、、、忘れないようマスキングテープで目印をつけ、、、

RIMG25128.jpg

まとめてハンダを盛り直し、修復しておきました(^^)

RIMG25136.jpg

そして接合部をヤスリでカリカリ削るも、数が数ですから一向に埒があかずww

しかも、ヤスリでは、肝心の隅のところが綺麗に削れない始末。。。

RIMG25139.jpg

かといって、“キサゲ刷毛”なる高価なものには手が出るはずもありませんので、

ホームセンター見つけた、毛足の軟らかいステンブラシを試したところ、
思いの外、綺麗に余分なハンダを落とすことが出来ました(^^)

RIMG25140.jpg

ただ、根がせっかちなんですよね、わたし。

ですから、またまたホームセンターに行き、リューターで使えるブラシを買って来ました♪

RIMG25143.jpg

で、「ウイーン」と磨いています。

てか、金属細工の塗装は経験ありませんので、、、

RIMG25145.jpg

どの程度の下地で良いのか判らないけれど(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
下地処理

おはようございます。
これまた大変な作業ですね(^^;
やすり→ワイヤーブラシ→リューター。
この変遷が、苦労を物語りますね。
はんだは接着剤で無い。
ここがみそですねー。
いつの間にか外れることもありますものね。
配線のはんだでこれですから、組合わせ用のはんだはもっと神経使いますよね。

2015.03.17 08:11 ぼち吉鉄道 #HfMzn2gY URL[EDIT]
ぼち吉鉄道さん こんにちは

おはようございます

接着力がないというのは理解していたつもりですが、改めて実感しました。
でも、こう言うトラブルがおきるのは最初のうちだけで、
前作の樹脂製に比べ、長期の劣化はおきないと信じています(汗)
それと、ハンダの特性に助けられたり苦労したりの工作でした。
たとえば樹脂製なら、何本もまとめてレールの間に細いプラ棒を接着し、
溶剤が抜けて固まる時間が数分ありましたから、カントなどの微調整が出来ました。
逆にハンダの場合はこの方法が使えず、すべて1ヶ所ごとですからね。。。
すぐに強度が出るのは便利だったけど(笑)

>はんだ
ハンダを盛りすぎなのが、そもそもの原因なんですよね(笑)
これも判っているんだけど(^^;)

2015.03.17 08:56 た625 #- URL[EDIT]
いよいよ塗装

遊園地の花形、ジェットコースター。あでやかな原色塗装が似合うんでしょうか?楽しみです。

2015.03.17 20:22 東濃鉄道 #wvm37jCc URL[EDIT]

ハンダって接着力が良くないんですか(・・?
そういえば熔接と違って上に乗ってるだけですもんね?

ところで、塗装大変そうですぅ…。
この状態のまま、板から外れるのですか?
丸い物の塗装って、四方八方から吹かないと塗り残しが出ますからね。車検時にサビ止めパスタ-を吹きますが、コイルスプリングが未だに吹き残しがあったりします(笑)

2015.03.17 21:33 南紀くろしお #- URL[EDIT]
東濃鉄道さん こんにちは

こんばんは

地元のを参考に、レールは黄色で支柱は水色を考えています♪

でも、塗装の前に、まだまだやりたいことが沢山あるんです。
ラックに並行してメンテナンス用の通路とか、非常用の階段?。
他には電飾の準備もしなくちゃいけないし。。。
早く塗りたいんですけどね(^^;)

2015.03.17 22:37 た625 #- URL[EDIT]
南紀くろしおさん こんにちは

こんばんは

なんて言ったらいいのかな?
圧縮には強いけど、引っ張りには弱いですね。
くっつくんだけど、今回のように面積の小さなところは簡単に外れます。
溶接だと母材に溶け込んで同等の強度になるけど、
ハンダは接着剤と言うより“ノリ”のような感じでしょうか(笑)

>塗装
板についたまま塗りますよ♪
外そうとしたら、絶対に壊れます(汗)
それと塗るのは、ある程度塗膜を厚くしたいので、筆塗りを考えています。
それとも、こう言うのって薄く塗る方が良いのかな?
経験ないので、判りません(^^;)

2015.03.17 22:41 た625 #- URL[EDIT]
金属の塗装

こんばんは、banban(父)です。
記事とコメントを拝見させて頂き、少しでもお役に立てればと思い、コメントさせていただきたいと思います。

私、実は塗装関係の仕事をしておりまして(といっても職人というほどではないのですが)、金属の塗装をやっております。

写真のようなジェットコースターを厚塗りする場合、

①1層目は薄めた(しゃぶしゃぶ)プライマーを伸ばしながら塗装(刷毛)
②2層目は普通にプライマーを塗装(刷毛、エアブラシどちらでも可)
③3層目を刷毛塗り(仕上げの塗料でも近似色でも可)
④4層目仕上げ(エアブラシ)

のような工程で進めると、防錆、強度、塗膜の面でいいかと思います。
特に注意すべき点は、
1層目は薄めた塗料→濃い塗料を1層目に塗ると細かい傷に浸透しないので、防錆、強度が落ちます。歪んだときに1層目から捲れるのはこの原因が多いです。
3層目の刷毛塗り→写真のような複雑な形を塗装する場合、塗り忘れ、垂れ、塗膜ばらつきが少なからずあると思うので、刷毛で全周確認しながら塗装し、その後ペーパーで刷毛目を消してエアブラシ!→塗り忘れ無し、垂れ無し、膜厚均等な出来になると思います。

乱文乱筆お許しください。ブログ更新楽しみにしています。

2015.03.18 21:52 ban7310 #- URL[EDIT]
こんばんは。

お疲れ様です。

配線のハンダも組み立てのハンダも、まだまだ未知の領域の私でございます。
しかし、来るべき日のために楽しく拝見していますよ(笑)
なるほど、引っ張りには弱いんですね。
たしかに溶接とは根本的に違いますよね。

余談ですが今回のこの工程を見ていて、なぜか昔、パネルボンドを塗りたくって無駄にボディ剛性を上げていた馬鹿な時代を思い出してしまいました。。。
施工ガンがやたら高かったような覚えがありますが。。。
関係ない話で申し訳ございません(汗)

2015.03.18 22:08 さっちん #- URL[EDIT]
banban(父)さん こんにちは

こんばんは

コメントありがとうございます。
プロのアドバイス、大変参考になります。

1層目
もちろん筆塗りです。
使うのは、ガイアノーツのマルチプライマーを予定しています。
仰るように複雑な形状とプライマーが透明なので、どこに塗ったか判らないようになりそうですね(笑)
それと薄めた塗料で隅々まで浸透させる技。
なるほどと思いました。
逆に樹脂の場合、割れ防止のため、浸透させずにすぐに乾かす方法も聞いたことがあります。
奥が深いですね、塗装って。

3層目
クレオスのmrカラーを使います。
たぶん、塗ったら判る傷が沢山あるはずですので、
それを埋める目的ででも、厚めに筆塗りしようと思っています。
ただ、その後が心配で、ペーパーをかけるにも、形状的にもの凄くかけにくいような気がします。
かけたらかけたで、1層目まで削れてしまうような気も(笑)

4層目
やはり、エアブラシで均す方が良さそうですね。
これは是非、やってみたいと思います。

ではでは、この度はコメントありがとうございます。
何時も息子様との楽しそうな鉄道ライフ、楽しみに拝見しています。
これからもよろしくお願い致します。

お互い、何時までも親子仲良くと願いつつ(^^)

2015.03.18 22:52 た625 #- URL[EDIT]
さっちんさん こんにちは

こんばんは

ハンダはなにかと役に立ちますので、是非揃えておくと良いですよ。
たとえば組立式の線路でも、ぜーんぶハンダしちゃうと通電が良くなりますし、
純正の高い配線を買わなくても、自分で作れば安く出来ます♪

>パネルボンド
ありましたね(笑)
たしか、純正で採用してる車種もあるって聞いたことがありますが、
あんなもの、一時的には剛性が上がるかもしれないけれど、
長期 (20年とか(笑)では、劣化するのが目に見えてると思います。
サイドシルに、コンクリートでも詰めるのなら別だけど(^^;)

2015.03.18 22:57 た625 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する