鉄コレ たま電車 ライト点灯化のまとめ その1 (準備編)

鉄道コレクション・和歌山電鐵 2270系 「たま電車」と「いちご電車」に、
ヘッドライトとテールライトを取り付けています(^^)

そして私なりに色々と試行錯誤した結果w、これなら大丈夫だろうという方法が
確立したため、レポートとしてまとめてみました♪
※ なお今回の記事は、下記の作業が全て完了していることが前提となっています。

1:M車の動力化               (1両あたり 5分)
2:T車台車の集電加工と集電板の製作 (1両あたり 100分)
3:車体内部の遮光処理           (1両あたり 20分)
4:T車M車への室内灯取付        (1両あたり 40分)

で、まずはせっかくの綺麗な塗装を汚さないよう、車体に紙を巻いておきます。
てか、すでに汚したあとで、慌てて巻いているわけじゃないですよぉ(謎)
     
RIMG16035.jpg

この後続く作業の邪魔にならないよう、天井にあった突起をニッパーで切り落としました♪
 ↑ 念のため、切ったところはシルバーに塗っています。

RIMG16038.jpg

さらに念には念を入れ、ライトの周りにアルミテープを貼っておきました(^^)
 ↑ LEDを直にあてるので、シルバーだけじゃ光が漏れるのです! 

RIMG16039.jpg

そして爪楊枝で、アルミテープにプスッと穴を開けたあと、、、

RIMG16040.jpg

お鍋にお湯を沸かし、タミヤの2ミリソフトプラ棒を茹でます。
 ↑ 塩加減はお好みで。。。

RIMG16043.jpg

30秒ほど煮込んで軟らかくなったら、すぐに両端をペンチで引っ張って、、、
 ↑ 煮込みすぎると白く曇ってしまいます(^^;)

細く延びたら水で締め、これにもシルバーを塗っておきます♪

RIMG16045.jpg

塗料が乾燥したあと、車体の穴に差し込めば、、、

ライトレンズの出来上がりです(^^)

RIMG16047.jpg

続いてLEDユニットの製作を行います♪

以前と同じく2個の 1608白色チップLEDに、パーツの足を挟んで間隔を調整し、、、

RIMG16049.jpg

さらにポリウレタン銅線もはんだ付けしたあと、、、
補強のために、LEDの裏側に 0.5ミリプラバンを接着しました。
 ↑ これをしないと、次の工程でLEDが折れてしまいます(経験者談)

RIMG16053.jpg

そしてヘッドライトの穴に合わせて瞬着を流し込み、今回はお終いです(^^)

RIMG16055.jpg

ふー、疲れた(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

プラ棒でライトレンズですか! 
ナイスアイデアです^^

私は光ファイバーを使用しようと思ってました。
プラ棒だと、工作費の削減になりそうですね(笑)(*^_^*)

2013.08.18 12:45 南紀くろしお #- URL[EDIT]
南紀くろしおさん こんにちは

こんにちは
はい、苦肉の策です(笑)
 
でも、このプラ棒はライトレンズと言うよりは、
‘肉厚の薄くなった穴’の遮光の目的が大きいです。
おかげで、いくら電流を落としても洩れていた光が、
ピタッと洩れなくなりましたから!

だから下側のテールランプには、プラ棒は入れてないですよ(汗)
そちらは、もともとアルミテープだけで遮光出来てましたし、
0.5ミリも無い穴なので、そのサイズにプラ棒を伸ばせませんでしたから(^^;)

2013.08.18 13:52 た625 #- URL[EDIT]
ゆでる

ゆでるとは、やるなぁ。
自分は、炙って上手くいきませんでしたが、ゆでてみようかな。(^^;;

ゆでて伸ばすとは・・・
ホームを曲げる以来の、エポックメイキングな作風ですね。流石!

2013.08.19 12:58 卓 #APQVi6ko URL[EDIT]
卓さん こんにちは

こんにちは
いやいや、煮物は難しかったです(笑)

お餅のようにながーく伸びるんじゃなく、部分的にしか伸びてくれないし、
しかも引っ張りすぎるとプツッと千切れるし。。。
おかげで4両分作るのに、プラ棒2本も使っちゃいました(^^;)

2013.08.19 15:54 た625 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する