【ダブルクロス】TOMIXからKATOに交換する その2

意を決して、KATO・ダブルクロスのカドを切っちゃいました。
これでいよいよ、後戻り出来ませんねぇ(^^;)

それと今回ポイントを外し自分でも驚いたのですが、ベースに開けた穴の多いこと。。。
いったい、これで何度目の改修なのかww

RIMG13009.jpg

では、新しいポイントが載る地盤から作りたいと思います。

道床の厚いKATOポイントに合わせカーペットを切り取り、新たにスタイロフォームで作った
スロープで、左右の傾斜を調整しました。

RIMG13010.jpg

とりあえず手前側(外回り)を接続し、試運転を行いました(^^)

この画像じゃ解りにくいけど、右隣のダブルスリップポイントとは、ジョイント部で くの字に
折り曲げているため、脱線する恐れがあったのです。。。

RIMG13012.jpg

続いて向こう側(内回り)も接続しました。

こちらも外回り同様、脱線することなく無事に試運転が終了しました♪
 ↑ ネタ的にはトラブル無しで、すんなりと開通しちゃあ、つまらないですね(^^;)

RIMG13014.jpg

さらに試運転を続行中、待望のプチトラブルが発生しましたw

以前、画像左隅のダブルスリップポイントで起きたのと同様に、青で囲ったクロッシング
レールのカドに223系のスカートが激突し、急停止してしまったです。
たしかその時は道床にプラ板を挟み、高さの調整でなんとか解決したわけですが、今回は
今更どうにもならず、ヤスリでクロッシングレールのカドを丸く削り修正しました(^^;)

ただ、なぜカドが出っ張っていたのか?、それとも単なるコストダウンで未加工なのか?、
私には解りませんが、今のところカドを削ったことによる弊害も無いようで、快調に走行できて
います(^_^)

RIMG13015.jpg

今度は、レールの通電性を向上させるべく、ジョイント部の改良を行いました(^^)
これまで、ほぼ全てのレール間のジョイント部には、ハンダ付けを済ませてきたのですが、
レールとポイント間は、修理時の取り外しを考慮し施工していませんでした。

しかし、ここまでポイントをバラストで固めてしまえば、ポイント交換時にハンダ付けの有無など
大した問題でないように思えてきたため、今回ハンダコテを出したついでに、レールとポイント
間のジョイント部も、他と同様にハンダ付けしてしまったわけです。

RIMG13017.jpg

以上、最後の仕上げを残し、次回に続きたいと思います(^_^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
大掛かり

お早うございます
昨晩はコメント有難う御座います。
ダブルスリップの改修大変でしたね

私もクロッシングの部分削りましたよ
マイクロの9600(SL)が引っかかって、
ひっかかってってみたら バリ見たいに
出っ張っていたのをヤスリました。

自分のレイアウトですから、快適に
走らせたいですね

2012.11.09 07:07 雷鳥8号 #- URL[EDIT]
雷鳥8号さん こんにちは

以前、雷鳥8号さんに頂いたコメントを参考にさせていただきました。
同じTOMIXのポイントでも、ダブルスリップの他に
カーブポイントのクロッシングが、基本レールより高くなっているようです。

特にダブルスリップの場合、全長が短いため
ジョイントとクロッシング間が短くなり
車両のオーバーハングとか、線路の傾斜の
影響を受けやすいんでしょうね。

なんにせよ、保線係は大変です(汗)

2012.11.09 09:52 た625 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する