貴志駅を作る カーブホームの作り方

余り長いタイトルは見苦しいかな?と、今回の記事から 「和歌山電鐵」 を省きました(^^)

ここしばらく製作中の貴志駅ですが、駅舎とトイレ棟の次はホームの工作を始めたいと思います。
ホームの製作にあたり、まず問題となるのがホーム部分の線形です。
我が家のレイアウトはフレキシブルレールを敷設しているため、このホーム周辺も微妙にカーブ
しているので、ホーム自体も僅かにカーブさせる必要があります。

※ 実際の貴志駅のホームの形状は真っ直ぐです。

RIMG8689.jpg

ただ、フルスクラッチでホームを製作するには、ホーム側壁の石積み模様の表現など、私には
敷居が高すぎるのでw、既製品を加工するやり方で進めることにします。

TOMIX 4003 対向式ホーム延長部セットを線路に並べました。
ホームの端から15センチほどカーブさせれば、十分なようです。

RIMG8692.jpg

この画像はブログを始めた頃にも紹介したと思いますが、お鍋でホームを煮込んで曲げる工法?
で工作した山中駅です。

これに比べれば今回の工作など、どうってことありませんって(^^;)

RIMG8693.jpg

机の上にカセットコンロを準備をしました。
もうすぐお鍋の季節ですね(^^)

RIMG8696.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する