あと2軒 トミーテック 狭小住宅“改”の電飾 2液ウレタン塗料の縮み(汗)

貴志駅前に建つ住宅・20軒の電飾、最後の2軒です(^^)

壁の遮光に、2液ウレタン塗料の黒を使いたいと思います。
(今度こそ綺麗に塗ります!)

IMG_5170.jpg

で、まずは専用のプライマーを薄く塗り、

IMG_5172.jpg

硬化剤を混ぜたウレタン塗料を塗っていきます♪

IMG_5176.jpg

そしてコタツに投入ww

温度を上げ、硬化を促進させます(^^;)

IMG_5181.jpg

翌日、最大輝度で光るテープLEDを使い光漏れを確認ww

改めてウレタンの黒を塗り、もう一度コタツに投入。。。

IMG_5184.jpg

さらにその翌日、

内装色として、ウレタンの白を塗りました♪

IMG_5215.jpg

はみ出したところを綿棒で綺麗にし、、、

IMG_5217.jpg

てか、みっともないので書かずにきましたがww
下塗りにラッカーなど、溶けやすい塗料を塗った訳でも無く、
また、硬化剤の配合や室温が低すぎる訳でも無いのに頻発した“塗膜の縮み”

最後になって、ようやく原因が解りました (゚Д゚;)
(皆さん、やらかしてるようです)

IMG_5223.jpg

以下、私の推測です。

1:屋根の隙間にタミヤセメントをコテコテに塗る。

2:遮光のため、その上にウレタン塗料を塗る。

3:ウレタンの反応が進み塗膜が出来ると同時に、
 タミヤセメントに浸透したウレタンシンナーの逃げ場が無くなり、
 塗膜の中にドロドロに溶けたタミヤセメントが閉じ込められる。

4:そこで止めておけば良いのに、
 光漏れがあったため、もう一度ウレタンを塗る。
 しかも筆塗りでたっぷりとww
 (エアブラシで砂吹きなら大丈夫かも?)

5:間に挟まれた最初のウレタンが耐えきれず縮んでしまう(^^;)

IMG_5224.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
原因が複合?

こんにちわです。

原因が色々と重なり合って起きているのでしょうか?
元のタミヤセメントが一番の要因?
ウレタン塗装のシンナー蒸発を妨げなければ良いという事なのか?
良く分かんなくなってきました(笑)
縮み現象を回避できれば良いのですが・・・(^-^;

2016.12.07 12:21 がおう☆ #- URL[EDIT]

格好良く言うと「化学反応」が起きた。
と言う事ですか?(笑)

夏場のクソ暑い時期でも一緒ですかね? ムズカシイ…。

乾かすのにも時間が掛かるのに、狙い通りに行かないと泣けて来ますね(涙)

2016.12.07 16:03 南紀くろしお #- URL[EDIT]
がおう☆さん こんにちは

こんにちは

ややこしい書き方ですみません。
↓ こちらに詳しい解説がありました。勝手にリンクしてます(汗)

http://sue72.blog.fc2.com/blog-entry-749.html

原因はタミヤセメントと、ウレタンを2度塗りしたことです。
初めて塗ったときも同じような縮みが出来ましたが、
少しだけだったので記事ではスルーしました(爆)
ところが今回は隠しきれない大きさで・・・

ちなみに鉄部や床の塗装ででも、下塗りが何か解らない時、
シワが出てペンキ屋さんが困ってるのはよくあります。
それと同じ現象ですね。
対策として、いくら厚塗りしても一発で光を止めるのは難しいので
2度塗りは避けられません。
となると、タミヤセメントを止め、瞬着を使うくらいしか無いと思います(^^;)

2016.12.07 16:25 た625 #r9He2d5I URL[EDIT]
南紀くろしおさん こんにちは

こんにちは

化学反応じゃないと思いますよ。
ただ単に、接着剤が溶剤で溶けただけ?ですね。
それが解らずにコタツに突っ込み臭い思いをしました(汗)

でも、これで原因が解ったので、20軒が終わったら必ずリベンジします。
このままじゃ終われません ( ̄ー ̄)ニヤ

2016.12.07 16:31 た625 #r9He2d5I URL[EDIT]
ウチでも似た現象

例のフィギュアさんですが、同じようなひび割れ現象が発生してまたも成型失敗に終わりました。

こちらの場合は最初メス型に水性の液体ゴム(アクリルエマルジョン)を厚めに塗って乾かした後に、シリコーンコーキング材を塗って、そこへさらにシリコーンを流し込みました。

原因を考えたら水性の液体ゴムに飛ばしきれていなかった水分が残ってしまい、その上へシリコーンコーキング材を塗り重ねたために水分が閉じ込められ、液体ゴムが収縮してしまったのではないかという仮説が浮かんできました。

ホントに厄介な問題です。

2016.12.09 00:29 凡人オヤマダ #cwr9xp02 URL[EDIT]
2液ウレタン塗装の縮み

こんばんわ。
電飾技術=遮光技術の実態の中、後加工で20軒の電飾に挑戦し、様々な新手法や新素材(時には新工具)を活用して取組まれている様子に、ただただ驚いています。 やろうと思ったら何が何でもやり遂げる強い意志を感じます。 マニアの拘り方として見習いたいと思います。
ではまた。

2016.12.09 00:29 lofthonsen #- URL[EDIT]
凡人オヤマダさん こんにちは

おはようございます

お疲れ様でした。。。
そのようですね(汗)
昨夜の記事を見て知りました。
やっぱ、塗り重ねとか難しいですね。
絵の具だったら簡単なんだけど(笑)

ところで、目指すぷよぷよのフィギュアですが、
中を中空にとかは難しいのでしょうか?
芯に何かで作った“ちびフィギュア”を入れ成形。
あとで中身を溶かすとか。
あ、でも、そのちびフィギュアを作るのが難しいですね(^^;)

2016.12.09 06:47 た625 #r9He2d5I URL[EDIT]
lofthonsenさん こんにちは

おはようございます

確かに電飾技術は遮光技術ですね。
一部の出来の良いストラクチャー以外は、遮光に悩ませれています。
遮光が終わり配線になったらほっとしますものも(笑)

>新工具
工具フェチで、使いもしない工具が沢山増えています。
日本橋など行っても、真っ先に工具のコーナーを覗きますもの。
ちなみに、普通に手作業の方が明らかに効率が良いのも多いですけど、
せっかく買ったからと、無理に使ったりするものもあります(^^;)

2016.12.09 06:53 た625 #r9He2d5I URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する