2013年10月 の記事一覧

レールの敷設開始と複線間隔の調整

今回から、新しいレールの敷設をおこないたいと思います(^^)

まずは、自動踏切用のセンサーレール・S70ですが、、、
大きなケース?が邪魔になり、せっかくフレキシブルレール (PECO・SL300・コード80)を
使いながら、複線間隔がファイントラックと同じ、37ミリ程度にしかならなかったのです。。。
 ↑ 最低でも、Katoの33ミリ以下にしたいのですw

RIMG16587.jpg

そこで、以前やったのと同じように、反対側のレールにケースを潜り込ませ、
複線間隔を狭めることにしたわけですが、、、

いくらなんでも、これだけカントがつけば車両が転けてしまうわけでww

RIMG16590.jpg

ホームセンターで買ってきた、2ミリ厚のコルクシートを枕木の幅に切り、、、

RIMG16591.jpg

内回りの線路に差し込んで、道床ごと嵩上げし、適度なカントに調整することにしました♪

RIMG16592.jpg

画像は、もともとのコルク道床に、さらに一枚コルク道床を重ねた(合計4ミリ)ところで、、、

これにより、外回りより内回りのほうが、2ミリ高くなったことになります。
 ↑ フレキ+2ミリ厚のコルク1枚で、ファイントラックと同じ高さなのです。

RIMG16598.jpg

さらに外回りのポイント位置も、画像矢印方向に移動することにより、、、

ポイントから先の複線間隔を32ミリにまで狭めることができました♪
 ↑ ここから先、遊園地前駅の区間は30ミリ程度で敷設します。

RIMG16600.jpg

そして、手持ちの車両で一番幅広なクリーニングカーを通過させ、

センサーと車両が干渉しないことを確認し、今回はお終いです(^^)

RIMG16604.jpg




お知らせ

いつも、た625の工作室をご訪問くださりありがとうございます。
私事ですが、母が他界致しましたので、
当分の間 更新をお休みさせていただきたいと思います。

落ち着きましたら再開致しますので、またお付き合い頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

レールの敷設と鉄道遺産???

撮り貯めた画像が残ってたのと、嫁が親戚の法事で留守なのを良いことに、
何日ぶりかの更新です(^^;)
 ↑ 呑気に更新してるのがばれたら、怒られるかもww

本線から町中総合車両所に分岐したところは微妙なカーブで、長さも中途半端なため、、、

RIMG16607.jpg

ファイントラックは使わずに、フレキシブルレールを使って接続しました♪

RIMG16609.jpg

それと、ジョイナーのところの枕木ですが、、、

犬釘のまわりを削ったりとか、色々と加工が面倒なため、
別の機会にまとめて取り付けようと思っています(^^;)

RIMG16610.jpg

踏切の向こうまで、コルクシートを延長しました♪

ちなみに私は「シャー」っという走行音が嫌いなので、
すべてのフレキシブルレールの下に、コルクシートを貼っています。

RIMG16613.jpg

続いて路盤を作るため、スタイロフォームをザクザクと削ってましたら、、、
ガリガリっと、初期の頃のバラストが姿を現しました。。。

てか、懐かしい鉄道遺産wなので、どんな作り方だったか、もっと削りたかったですが、
もとに戻すのが大変そうで、結局はこのまま埋めてしまうことにしました(^^;)

RIMG16615.jpg

そして次の工程に進む前に、6両対応ホームについて確認しておきました。

ちなみに、PECOのフレキシブルレールは 914ミリと、特急型6両編成より数センチ長いため、
これを目安にホームの工作を進めようと思っています(^^)

RIMG16618.jpg

以上、今回はこれでお終いで、

不定期になると思いますが、勾配部分の路盤の製作を進めたいと思います(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

土手を作った♪

今回は、勾配部分の土手を作りたいと思います(^^)

RIMG16622.jpg

まずは既存の駅舎から路盤の高さを逆算wし、高さの目安として木ネジをねじ込みました♪
 ↑ 路盤の高さでレールの高さが決まり、乗り場の高さに反映されますから!

RIMG16624.jpg

続いて、スタイロフォームに馴染ますよう、薄めたボンド水を塗りました。

RIMG16626.jpg

数時間の乾燥のあと、薄めたボンド水でライトセメントを練り、、、

RIMG16629.jpg

コテで、スタイロフォームのデコボコに擦り込むように塗っていきます(^^)

RIMG16631.jpg

既存との繋ぎ目は滑らかに繋がるよう、高さに注意しながら塗っています♪
 ↑ 横にはみ出ても気にせずに、レールの敷設後に削り取ります。

RIMG16633.jpg

ちなみに駅舎付近はホームとの捻れがおきないよう、水平に塗るよう心掛けましたが、、、

RIMG16635.jpg

緩やかとはいえ、坂の途中に設ける全長90センチ近いホームなわけで、

水平なのは駅舎付近だけにとどめ、ホームの両端は前後の線路に合わせ、
徐々に傾斜をつけてごまかしておきました(^^;)

RIMG16637.jpg

さらにしばらく乾燥の後、、、

スタイロフォームの端材をコテがわりに表面を滑らかにし、路盤の出来上がりです♪

RIMG16640.jpg

以上、今回はこれでお終いで、

次回はフレキシブルレールの敷設を行いたいと思います(^^)

RIMG16641.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

コルク道床の敷設

ライトセメントで作った土手が十分すぎるほど乾燥したため、

フレキシブルレールの敷設を始めたいと思います(^^)

RIMG16667.jpg

で、まずはレールを定規がわりに、鉛筆で内回りの線型を描きました♪

RIMG16669.jpg

ちなみにこのカーブは、ファイントラック・C354を参考に、
前後に緩和曲線をつけて曲げています(^^)

RIMG16670.jpg

続いて、車輪の走行音を軽減するため、2ミリコルク板を貼っていきました。
 ↑ カーブのところは、ニッパーで切り込みを入れながら曲げています♪

RIMG16672.jpg

とりあえず内回りだけ繋がったところです。

てか、なかなか時間が取れず、普段の半分にも満たない進み具合なため、
運転再開の目処は立っていませんww

RIMG16673.jpg

さらに、複線間隔30ミリを目安に、外回りにもコルク道床を貼ったところ、、、

RIMG16676.jpg

当然、路盤が足らないわけで、、、

RIMG16677.jpg

緊急に補修工事を行い、今回はお終いにしたいと思います(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

フレキシブルレールの敷設

継ぎ足した路盤が乾燥し、残りのコルク道床も敷設しました(^^)

RIMG16681.jpg

続いて、フレキシブルレール(PECO SL300 コード80)の敷設を始めるのですが、、、

節約のため新品は使わずに、もともと使っていた古のレールを再利用するつもりです (゚Д゚;)

RIMG16685.jpg

ちなみにこのレール。。。

何日も水に漬け、固まったバラストをエアで吹いたり、歯ブラシで擦って綺麗にしたものの、、、
犬釘やレールの側面に塗って固まった塗料まで落とせるはずもなく、
おかげでフレキシブルにはほど遠く、カクカクっとしか曲がらないんですけどね(^^;)

RIMG16582.jpg

ま、そのへんは根気よく調整すればなんとかなるだろうと、工作を始めました♪

画像は長さの調整のため、ニッパーで切った切り口をヤスリで綺麗にしたところです。
てか、「片刃」のニッパーだと綺麗な切断面だそうですが、あいにく私の持っているのは
「両刃」のニッパーなため、切断後にはヤスリでの修正が欠かせないのですww

RIMG16687.jpg

内回りのコルク道床に、ゴム系接着剤を塗りました。
 ↑塗り拡げずに、棒状に盛り上げたまま枕木を押しつけます♪

RIMG16689.jpg

既存のレールに接続しました(^^)

それと問題のジョイナーですが、PECO相互の接続には当然PECOのジョイナーを使い、
PECOとTOMIX (ファイントラック)の接続には、TOMIXのジョイナーを使うようにしています♪
 ↑ 最終にはジョイナー部分にハンダを流し、集電性を向上させます。

RIMG16690.jpg

そして、最後に視線を下げ、レールが滑らかに繋がっているかを確認し、

今回はお終いです(^^)

RIMG16692.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

フレキシブルレールの敷設 その2

フレキシブルレール敷設の続きです(^^)

PECOのフレキシブルレールとファイントラックの接続には、ファイントラックの突起を切り落とし、
ファイントラックのジョイナーを使って接続しています。

RIMG16694.jpg

内回り最後の接続になりました♪

てか、新品のレールだと、犬釘とレールが滑らかにズレて調整できるので、
直線でも曲線でもどこでも場所を気にせずに繋ぎやすいんですけど、、、
今回は錆色に塗装済みのレールを再利用しているため、犬釘とレールが固着してしまい、
イマイチ滑らかに繋げそうにないため、無難な直線区間での接続となりました(^^;)

RIMG16696.jpg

ま、なんとか内回りが繋がり、見る角度を変えながら滑らかかどうか確認しました(^^)
 ↑ カントはあとで調整します。

RIMG16697.jpg

続いて複線間隔が30ミリとなるよう確かめながら、外回りの敷設を始めました♪

RIMG16699.jpg

機嫌良く工作していると、遮断機をなぎ倒しちゃいました_| ̄|○
 ↑ この遮断機って接着しにくいんだよなぁww

RIMG16701.jpg

内回り同様、外回りも目立ちにくそうなホームの陰で繋ぎました。

ちなみにフレキの場合、ジョイナー自体が小さいので、
どこで繋いでも、ジョイント自体はそんなに気するるほど目立たないのです(^^)

RIMG16703.jpg

以上で、すべてのレールの敷設が完了しました♪

RIMG16705.jpg

そして全面復旧に向け、まだまだ細かな調整が続きます(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

フィーダー線の改良とレールのハンダ付け

今回は地味な存在ですが、鉄道模型に無くてはならない、
電流を供給するための“フィーダー線”の取付です(^^)

で、まずはベースに穴をあけ、裏からリード線を通しました。

RIMG16707.jpg

続いて、フラックスを塗ったレールの側面にハンダを盛り、、、

リード線もハンダメッキのあと、接続しやすいよう先を曲げておきました♪

RIMG16709.jpg

枕木を溶かさないよう、レールにリード線を接続したところです。

てか、本当はあらかじめフレキシブルレールを設置する前の段階で、
レール裏側にリード線をハンダ付けし、目立たないように隠すんですけどね(^^;)
 ↑ 面倒ですし、錆色に塗りバラストを撒けば、案外目立ちませんw

RIMG16711.jpg

さらに念には念を入れ、今回手を加えた範囲のジョイナー部分にハンダを流し、

通電不良がおきないようにしておきました(^^)

RIMG16712.jpg

自動踏切のセンサーレールやポイントにもハンダを流しました (゚Д゚;)
 ↑ 壊れて交換する時はブログネタにしますねww

RIMG16713.jpg

踏切のジョイナーにもハンダを流しました♪

それと、この踏切の遮断機も壊れちゃってますからね。。。
いっそのこと第3種踏切ってんですか???
警報機だけの踏切に作り替えても、面白いかな?って思っています(^^)

RIMG16714.jpg

以上、今回はこれでお終いで、、、

RIMG16715.jpg

次回はカントの調整と、ジョイナー部分の枕木の設置を行いたいと思います(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

一眼デビュー(汗)

表題の通り、念願の一眼デビューを致しました(^^)

買ったのは入門機としてはすごく勿体ないかも?ですが、、、
ニコン製で、標準レンズがセットでお買い得?な「D7100 16-85 VR レンズキット」と 
TAMRON製 望遠ズームレンズ 「SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」です♪
 ↑ 一緒に写ってるコンデジは、いつもブログ画像を撮影しているリコー製 CX3です。

※ 機種の選定にあたり、「雷鳥8号さん」「タムさん」に大変お世話になったことを、
  この場を借りてお礼させて頂きたいと思います<(_ _)>

RIMG16792.jpg

そして、カメラが届いたのは一週間以上前だったのですが、
途中子供の中間テストで、勉強モードになっていたり???、
無知故にレンズの「手ぶれ補正スイッチ」がオフなのを知らず、ブレまくりに悩んだりとかでww、
昨日の日曜に、小雨の降る中ようやく一眼デビューと相成った次第です(^^;)

で、とりあえずは、見る人が見ればどこだか解る和歌山市内の「内緒の駅」で、
検測中の「キヤ141」を撮影しました♪
 ↑ 「SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」での撮影です。

DSC_0433.jpg

そのあと大阪までお見舞いに行ったり、お寺さんがお経を上げに来てくれたりとかで、、、
雨もあがった夕方に、別の場所にある「秘密の駅」まで撮影に出かけました(^^;)

画像はニコン「AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR」の広角側での撮影で、
比較のために、遠く離れた茶色いマンションを真ん中に撮っています。。。

DSC_0467.jpg

こちらは同じく「AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR」の望遠側です。
 ↑ 遠くのマンションが、かなり近くになりました♪

DSC_0468.jpg

たまたまやってきた「287系くろしお」を撮影しました。
 ↑ 下手ですけど、長い目で見てくだされば。。。(^^;)

DSC_0472.jpg

変わってこちらは 「SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」の広角側です。
 ↑AF速度と言うんでしょうか?  純正レンズ以上に速いです。

DSC_0474.jpg

さらに 「SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」の望遠側です。
 ↑ ( ̄O ̄;) おおっ!  てか、これだけ写れば十分だな♪

DSC_0475.jpg

225系5000番台がやって来たので撮影しました(^^)

DSC_0487.jpg

これは、ずっと前に子供がリコー製 CX6で撮影していた205系0番台で、、、

友情出演というか、おまけですね(^^;)

RIMG1416.jpg

以上、発展途上?ですけど、鉄道好き親子の一眼デビュー記でした(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村