2013年07月 の記事一覧

鉄コレ・たま電車に室内灯 トミックス旧集電の取付

鉄道コレクション・和歌山電鐵 2270系 たま電車に、LED室内灯を取り付けています(^^)

前回の実験で、光がだだ漏れだった車体への遮光処理が完了し、、、

RIMG15588.jpg

壁が透けることに関してだけはw、まずまずの出来となりました(^^;)

RIMG15589.jpg

続いて、更なる改良はですね。。。

車軸の回転の重さです。
 ↑ だって、これだけ線路に傾斜をつけても、動かないんですから!

RIMG15592.jpg

で、この原因は集電のため、車軸に巻き付けた真鍮板が原因なのは明らかなため、
各社車両の台車の中から使えそうなのは無いかと、物色wしたところ、、、

TOMIXの12系客車に使われていた旧集電のパーツが使えそうだと解りました♪
 ↑ 理想は新集電なんですけどねww

RIMG15593.jpg

そこで、動きは悪いながらも点灯化の終わった、たま電車の台車はひとまず置いておいて、
新たに いちご電車の台車を使い、集電化加工を行ってみることにしました(^^)

RIMG15594.jpg

ちなみに組み合わせる予定のTOMIX・旧集電の各パーツは、

集電スプリングが JS06
集電シューが   JS21
車輪が       0651 とのことですが、
現時点では手元に予備がないため、この12系車両から拝借し加工を行っています(^^;)

RIMG15596.jpg

そして早速取付を始めた結果、車輪に関しては幅が同じらしく無加工で取替が終わり、

RIMG15597.jpg

とりあえずは第一段階突破で、次回に続きたいと思います(^_^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

鉄コレ・たま電車に室内灯 迷走する???

前回の続きで、鉄道コレクション・たま電車にLED室内灯を組み込むべく、
鉄コレ台車にトミックス旧集電を取り付けています(^^)

まずは画像のように、鉄コレ台車にピンバイスで穴を開け、、、

RIMG15599.jpg

段々と太いキリで穴を拡大し、最終的には2.5ミリの穴を開け、
台車に集電スプリング(JS06)を差し込みました♪

RIMG15600.jpg

続いて台車に集電板(JS21)を取り付けるも、角度的に車輪(0651)に対し斜めになってしまうため

手元にあった真鍮線の筒型ケースがサイズ的にピッタリだったので、
これを薄く輪切りにし、台車中央のピンに接着して、集電板のガイド的なものを作りました(^^)

RIMG15602.jpg

で、当初の目的だった車軸の転がりも、以前のタイプに比べればかなり軽くなっているため、
台車はこのタイプで決定することにしました♪
 ↑ このあともスプリングの入る穴をもう一回り大きくするなど、少しずつ改良しています。

RIMG15603.jpg

そして、またまた迷走というか、、、
普通ここまですれば、集電スプリングを通すため車両の床に楕円の穴を開け、
さらに本格的な集電板も左右に振り分け・・・、となるのでしょうがww

手っ取り早いのが大好きな私は、床に穴を開けることなく床下に0.1ミリ銅板を貼り、
集電させる方法を試してみました (゚Д゚)ハア?

RIMG15605.jpg

ちなみに今回製作したLEDユニット(手前側)ですが、
色味の変化を比較するため、試験的に電球色の砲弾型LEDを組み込んでいます(^^)

RIMG15606.jpg

そして、お約束の試験点灯です♪

うーん、たしかにこの車両(左側)の場合、電球色のLEDのおかげで
多少はローカルな雰囲気になりはしましたが、、、

RIMG15608.jpg

それよりも、やはり元凶は青い内装色ですかねぇ。。。

RIMG15609.jpg

LEDの色、云々より、車内を普通の色に塗り替える方が、
私のイメージに合う色になるのかもしれません(^_^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

鉄コレ たま電車 室内灯取付のまとめ(T車編)

鉄道コレクション・和歌山電鐵 2270系 たま電車に、自作LED室内灯を取り付けています(^^)

いろいろと試行錯誤 (人様のパクリとも言います)の末、ようやく私なりにこれで良いだろう
という方法が確立したためw、駆け足ですがレポートにまとめてみました♪
こちらを参考にさせていただきました<(_ _)>

まずは鉄コレ・室内灯取付の最大の関門、T車からで、、、
画像は集電加工のため、2.5ミリのキリで台車に穴を開けたところです。
 ↑ 台車の横幅いっぱいに穴を拡げるのがコツです。。。

RIMG15613.jpg

続いて台車に、本家トミックス・旧集電のパーツ (JS06・JS21・0651)を、それぞれ組み込み、
かつ、台車の中心ピンに端材のパイプを被せ、集電シューが傾かないようガイドを作ります♪
 ↑ 集電シューを真っ直ぐにするのが目的なので、台車にプラ棒を接着しても良いと思います。

RIMG15617.jpg

続いて、車体側の加工です。

これは、前回は???な方法も試しましたが、やはりここは枯れた技術というか、、、
本格的に床に穴を開け、集電スプリングを介して集電する方法に落ち着きました(^^;)

RIMG15618.jpg

よく見ると集電スプリングが斜めになってますが、これは私の心が曲がっている証ですww

RIMG15619.jpg

そして集電スプリングを取り付けたからには、本格的な集電板も作らないといけません。。。

で、近くのホームセンターに行ったのですが、あいにく0.5ミリの銅板しか在庫が無く、、、
 ↑ てか、1ミリがあったとしても、切るのが大変ですからねw

RIMG15621.jpg

少しでも重い方が集電性が向上するだろうと、2枚重ねて1ミリの集電板を作り、、、

さらに窓に青く反射していた内装も、缶スプレーでシュッと塗り直しておきました(^^)
 ↑ もっと淡い色が良かったんですが、あいにくこの色しか無かったのです。

RIMG15623.jpg

ちなみに、最近のN車両なら、普通はここまでは標準で用意されていますからね。。。

鉄コレは、身近な車両を企画してくれるのは有り難いですが、
いざ、何かをしようとすれば大変です(^^;)

RIMG15624.jpg

そして、いつものLEDユニットを搭載して完成です♪

RIMG15627.jpg

ここで最後に、内装色による光り方の違いを比較しておこうと思います(^^)

ちなみに、それぞれの車両の違いは床の色だけで、
どちらも室内はシルバーの塗料で遮光し、LEDも敢えて白色を使用しています。

RIMG15629.jpg

そして、点灯させました(^^)

予想通り、左の内装を塗装した方が良い色合いに光ってくれています。

RIMG15630.jpg

欲を言えば、あと少しだけ暖かみのある色になって欲しいですけどね。。。

ただ、前回試した電球色だと黄色が強すぎるため、これ以上はアクリル三角棒自体を塗装するなど、
違った方法で調整していきたいと思います(^_^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

鉄コレ たま電車 室内灯取付のまとめ(M車編)

鉄道コレクション・和歌山電鐵 2270系 たま電車に、自作LED室内灯を取り付けています(^^)

前回のT車に続き、今回はM車への加工のまとめです。
で、いきなりですがLEDユニットは信頼と実績の‘いつもの’を用意しました♪

↓ 参考に、下記に必要なパーツを記入しています。
1:超高輝度3mm白色LED OSW54K3131A
2:セラミックコンデンサー 10μF 35V
3:定電流ダイオード・CRD (18mA)E-183 
4:ブリッジダイオードDIP型 DI1510
5:ポリウレタン被覆銅線・UEW (0.2ミリ)
6:アクリル三角棒、アルミテープ、根気
takkyさん雷鳥8号さんの記事を参考にさせていただいています<(_ _)>

RIMG15635.jpg

画像は動力車に備え付けの集電板に、はんだ付けしたところです♪

てか、すごく時間がかかったT車に比べ、5分で終わりますww

RIMG15637.jpg

そして試験点灯の結果、モーターとかの動力部分が窓ガラスに映り込んでいたため、
T車の内装に塗ったのとよく似た色?を筆塗りしておきました。

RIMG15639.jpg

ちなみに車体内部は、既にシルバーを塗って遮光済みなため、今回は手間いらずでした♪
 ↑ これがもの凄く大変なのですw

RIMG15641.jpg

そして、スイッチ、おーん(^^;)

RIMG15642.jpg

とりあえず白色LEDと無塗装のアクリル三角棒を組み合わせただけなので、、、
ローカルな雰囲気にはほど遠いですけど、たま電車の室内灯取付が完了です(^^)

RIMG15644.jpg

部屋の灯りを消したところです。

全長が短いこの編成に限り、輝度が落ちるだろうと15mAのCRDを使いましたが、
それでもまだ少し明るいような気がします、、、
ただ、この辺りは灯りの色味を暖色にする過程で、暗くなるのではと期待しています???

RIMG15647.jpg

あと、問題はヘッドライトやテールライトなどの難題ですね、、、

これらも何がなんでも点灯させなきゃ、完成と言えないわけで。。。

RIMG15648.jpg

未知の分野ですが、次回以降の課題としてボチボチと頑張っていきたいと思います。。。(^_^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

撮り鉄入門と、車遊びと、電車でGo!

今回は工作以外のお話です(^^)

先週の土曜のことですが、療養中の母の容態もなんとか小康状態を保ち安定しているため、
子供と二人、車に乗って、東大阪はJR俊徳道駅.まで撮り鉄デビューにいってきました♪
 ↑ エアコンがないので、この季節は無茶苦茶暑いのです。。。

RIMG15695_20130709062657.jpg

といっても、私が撮るのはどうしてもホームの上屋とか建物関係に偏るわけで、、、

RIMG15658_20130709062634.jpg

たまに列車がきても、ろくなのしか撮れなかったため、子供のを拝借しておきました(^^;)

画像はEF510牽引の青森発・百済行きの4076レです。
ふだん和歌山住まいだと貨物列車、ましてや電気機関車など見かけることはないですからね!
ディーゼルとは違った、静けさのなかにも垣間見える迫力を間近に感じ取ることができ、
良い経験になりました♪

RIMG0073_20130709062631.jpg

子供によると、こちらはEF66-100番台の重単回送と言うらしいです???
吹田から百済へ回送中とか。。。

ちなみに私は、重単より牛タンのほうが好みですww

RIMG0102_20130709062633.jpg

さらに日付が変わり、翌日曜の夜、
今度は大阪府内の某パーキングで行われた、車好きの集まりに参加してきました♪
 ↑ RX-7の‘7’に端を発し、毎年どこからともなく七夕の夜に集まるのです。

RIMG15680_20130709062636.jpg

雑誌の取材や、じゃんけん大会もあったりと、とても楽しい夜でした♪

RIMG15691_20130709062656.jpg

そんな中、子供の姿が見えないので携帯に電話すると、、、

彼は、将来の夢に向け?、‘電車でGo!’で特訓中でした。。。(^^;)
 ↑ 全国にあと何台残ってるんでしょうかねぇ

RIMG15684_20130709062637.jpg

で、この週末こそは!、と予定していた工作室の片づけも、また来週に延期となりましたとさ(^^;)

RIMG15699_20130709062659.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

鉄コレ・室内灯取付 いちご電車と105系 始める!

和歌山駅に関する車両に LED室内灯を組み込もうって企画 (゚Д゚)ハア?
たま電車の次は、同じく鉄道コレクション・いちご電車と105系和歌山色です♪
 ↑ 面倒なので、2つ同時にやっちゃいますww

で、鉄コレに室内灯を組み込む過程で、私がある意味 集電加工より面倒だと感じる工程、
シルバーの塗料を使っての “車体の遮光” を先に済まそうってこととなりました。

RIMG15651.jpg

エアコン欲しいなぁ、とブツブツ言いながらも いちごが終わり、
次は、105系和歌山色です(^^;)

ちなみに“名ばかりの某車両整備係くん”は、この105系について、、、
クーラーやトイレが無いとか、スカートが違うだとか文句ばっかり言っています(-_-)
 ↑ だから素材だっちゅうの、鉄コレは!

RIMG15652.jpg

窓ガラスが外れにくく苦労しましたが、なんとか車体の分解が出来ました(^^)
 
そういや子供の言うとおり、屋根に載ったクーラーがこんなじゃ無かったような気もしますけど、
文句ばかり言ってないで、それくらいは自分で加工(最後までね)出来るようになりなさい!

RIMG15654.jpg

で、気温が上がる前の涼しいうちに塗ってしまおうと、早起きして塗装しています♪

もちろん窓枠からはみ出しても慌てずに済むよう、手元に綿棒とシンナーを用意して、です(^^;)

RIMG15655.jpg

そして、いちご電車と105系和歌山色への遮光処理が完了し、今回はお終いです。

RIMG15657.jpg

あ゛ー、暑かった(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

鉄コレ・室内灯取付 室内の塗装と集電板の製作

鉄道コレクション・いちご電車と105系和歌山色に、自作LED室内灯を組み込んでいます(^^)

今回も前回同様、先に難しいところを済ませておけば、あとで楽が出来るだろうとww
面倒で手間の掛かる作業から順に、工程を進めることにしました。。。

で、まずは台車を分解し、まるごとユニクリーナーのプールにつけて綺麗に掃除したあと、、、

RIMG15674.jpg

窓から中身が透けて見えないよう、M車の動力部分を筆でペタペタっと塗装しておきました。
 ↑ もちろん T車は手っ取り早く、缶スプレーでシュッと吹いています(^^;)

RIMG15676.jpg

続いての ‘面倒なこと’として、床下に納める ‘ウエイトを兼ねた集電板’も作ることにしました♪

まずは画像のように、金切りハサミで0.5ミリ銅板を 5ミリ幅に切り、、、

RIMG15678.jpg

ペンチで曲がりを修正したり、切断面のバリをヤスリで削ったあと、
2枚重ねて1ミリ厚の銅板としてはんだ付けしていきます。

てか、2枚重ねなかったら簡単なのですが、集電性の向上には重量増が効果的ですからね♪

RIMG15697.jpg

そして3セット分の集電板が出来上がりました(^^)

RIMG15702.jpg

ちなみに今回使う、いちご電車と105系和歌山色以外の1セットは、、、
この秋にでるであろう ‘おもちゃ電車’の、です(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

【暑さに】工作室分室開設のち室内灯製作【負けた】

あまりの2階の暑さに耐えかねて、涼しい下の部屋に降りてきました(^^;)
 ↑ だって階段を上る途中で、熱気でムッとするんですからww

RIMG15703.jpg

そして今回は、これまで使用していた15mA と18mAの定電流ダイオード(CRD)に加え、
LEDの輝度を落としてローカル色を演出しようと、新たに5.6mAと10mAのも購入しています。

RIMG15706.jpg

また話は前後しますが、今回設けた工作室分室は、某車両整備係の勉強机の隣に位置し、
彼が勉強せずに遊んでいたりすると、焼けたハンダこての先でこの汚い足の裏をブスッと
突き刺したりすることも出来ます(-_-)

RIMG15707.jpg

では、工作を始めます(^^)

今回工作するいちご電車は、私の長年に渡る豊富な経験wを元に、
10mAのCRDを組み込むことに決め、、、
 ↑ 5.6mAでも良かったかも。。。

RIMG15709.jpg

これまでのように、車両の天井高ギリギリに収まる寸法にLEDユニットを製作したあと、

ローカルな光?を発するのを期待して、クリアーイエローとクリアーオレンジを混ぜたのを
使い、アクリル三角棒を電球色風に塗装しておきました♪

RIMG15712.jpg

そして出来上がったLEDユニットを瞬着で車両本体に固定し、今回はお終いです(^^)

RIMG15713.jpg

あっ、それと大切なことを書き忘れていましたw

瞬着ですが、私のように低白化タイプじゃないのを使った場合、、、
一晩寝かせて十分にガスを飛ばしてから車体を載せないと、
窓ガラスが真っ白になって、あとで泣きを見ることになります。 ←経験者談(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村