2013年05月 の記事一覧

広告塔に照明をつける

引き続き、町中駅構内の電飾化を進めていきたいと思います(^^)

まずは、作っていた街灯が残っていたため、跨線橋の下に設置・点灯させました。

RIMG15070.jpg

それと一応、明るさを調整するため、抵抗を挟んで輝度を落としてはいるのですが、、、
まだまだ明るすぎかな???

まぁ、この辺りは、慌てずにボチボチと調整するしかないですね。。。

RIMG15072.jpg

続いて、さらに電飾を進めるため、1608のチップLEDに、ポリウレタン被覆銅線を
はんだ付けし、

RIMG15075.jpg

外径1ミリ・内径0.6のアルミパイプに通したあと、、、

RIMG15076.jpg

チップLEDごと黒い瞬着で固めたのを、合計4個作りました(^^)

で、今度はどれを光らせるかって言うと、、、

RIMG15079.jpg

駅ビル屋上の、広告塔の看板です♪

これを夜空に煌々と輝かせ賑やかにしないと、駅として寂しいですからね(^^)

RIMG15080.jpg

そして照明を組み込む前に、いろいろと下準備を済ませます。

じつは外部は出来上がっていたのですが、内側はプラ板素地のままだったので、
遮光のためmrカラーのシルバーに塗り、窓ガラスも接着しておきました(^_^)

RIMG15082.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

広告塔に照明をつける その2

広告塔に照明を設置しています(^^)

まずはプラ板で作った外壁に、ピンバイスで穴を開け、、、

RIMG15084.jpg

前回製作した、LED照明を差し込みました♪
 ↑ 昆虫の触角みたいで格好悪いけど、これくらいじゃないと明るくないのですw

RIMG15086.jpg

広告塔内部には黒い瞬着を盛り、支柱に使ったアルミパイプを固定しています(^^)

それと、今回の照明は広告の下側から照らすだけですけど、、、
追々様子を見て、上側にも追加するかもしれません???

RIMG15088.jpg

そして明るければ良いってものでもないので、抵抗を加え適度に減光しました。

ちなみにLEDって結構、調整の巾が広いというか、鈍感と言ったらいいのかな?
手持ちの抵抗を繋ぎ替え、テスターで電流を確認しながら明るさを調整するのですが
かなり抵抗を増やさないと、暗くなってくれない場合もあるようです(^^;)

RIMG15089.jpg

電源は、リード線の途中に端子を設け、、、

RIMG15092.jpg

こんな感じで、簡単に脱着できるようにしています♪

RIMG15095.jpg

そして、お約束の点灯実験を行いました(^^)

RIMG15098.jpg

以上で、駅ビル本体の電飾は、ひとまず完了しました、、、たぶん。。。(^_^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

立体駐車場に照明をつける

今回は、駅ビル隣の立体駐車場にも、LED照明を組み込みたいと思います(^^)

ちなみにこの立体駐車場、かなり前の製作なので、改めて見てみればいろいろと
雑なところも目につきますが、今は電飾が目的なため、細かなことは見ないふりして
進行するつもりですww

RIMG15111.jpg

そして使う光源ですが、建物の形状や工作のしやすさを考慮した結果、駅ホームで
実績wのある、砲弾型LEDと透明プラ棒の組合せで進めることとなりました♪
 ↑ テープLEDだと明るすぎるし、この組合せが一番省エネなのです。

RIMG15131.jpg

続いて駅ビルの裏にLED照明を仮止めし、駐車場の床に使った1ミリプラ板が、
光を透過しないかどうか、遮光の実験を行いたいと思います(^^)

RIMG15134.jpg

で、電源を入れた結果、うっすらと光が透けているため、、、

RIMG15135.jpg

今更じたばたしても、どうしようもないのですが、、、

一応、照明の周りだけでもと思い、アルミテープを貼っておきました(^^;)

RIMG15139.jpg

そして、問題の電源はですね。。。

これも綺麗に配線するのは、出来そうにもないため、
こんな感じで、壁に開けた穴からLEDの足をのばし、、、

RIMG15141.jpg

縦樋を模した 0.7ミリ真鍮線をはんだ付けし、それを介し給電することとしました(^^)
 ↑ 手っ取り早く、LED・3個を “並列” に接続しています。

RIMG15142.jpg

で、点灯実験を行った結果、、、
これじゃ駄目ですねww

だって2階が明るくって、他の階が暗いですもの(^^;)

RIMG15144.jpg

というわけで、次回はもっと均等に光るよう、これを改良したいと思います(^_^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

立体駐車場に照明をつける その2

立体駐車場にLED照明を組み込んでいます(^^)

まずは前回の実験で判明した、LEDの明るさの‘ばらつき’の調整です。。。
で、どのように改良するかというと、LED・3個 それぞれを‘並列’で接続していたのを、、、

RIMG15145.jpg

画像のように、配線代わりの真鍮線を繋ぎ替え、‘直列’にやり直しました♪
 ↑ 立駐なのに、こんなに沢山の配管も変ですね。。。(^^;)

RIMG15147.jpg

で、続いて電源の接続方法なのですが、、、

コネクターだと、メンテなどの脱着で抜き差しする際に、誤って落っことす恐れがあるため、
薄い銅板で端子を作り、酔っぱらっていてもワンタッチで接続出来るように加工しましたww

RIMG15151.jpg

ベース側も端子に合わせ、こんな風にはんだ付けした銅板を貼り付けています♪

RIMG15152.jpg

そして、ようやく 1~3階の照明が、ばらつき無く綺麗に点灯しました(^^)

ちなみに、前回起きたようなLEDの明るさの‘ばらつき’ですが、
複数のLEDを並列に接続した場合に起こりやすいそうで、電気的なことはイメージが
浮かびにくいため、3本の太さの違う水道のホースに例えてみたところ、、、

他の2本に比べ、「より太いホース(抵抗が少ない)の方が多くの水(電流)が流れる」と
置き換えてみれば、少しは解ったような気分になれました(^^;)
 ↑ LEDの製造誤差や配線のばらつきが原因で、抵抗値が変わるらしいです。。。

RIMG15153.jpg

今度は、立体駐車場の屋上にも照明を設けます♪
 ↑ 真っ暗だと、物騒ですからねww

まずは例のごとく、1608のチップLEDを用意し、、、

RIMG15158.jpg

ちょんちょんとハンダをのせ、ポリウレタン被覆銅線をはんだ付けしました。

RIMG15160.jpg

てか、最近は手慣れたもので、まず失敗は無くなりました(^_^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

立体駐車場に照明をつける 完成した♪

立体駐車場に、LED照明を設置しています(^^)

前回はんだ付けしたチップLEDを使い、屋上に設置する街灯を作りました。

RIMG15162.jpg

そして、屋上に開けた穴に街灯を差し込み、、、

RIMG15164.jpg

縦樋を模したアルミパイプに配線を通し、給電するようにしています♪
 ↑ このへんは、これまでと同じパターンです。

RIMG15165.jpg

ちなみに今回も使用している電源は、ACアダプターからの12V(正確には11.8V)で、
順電圧3VのチップLEDを4個直列に、かつ抵抗で明るさを調整し点灯させています(^^)

RIMG15168.jpg

そして出来上がった立体駐車場を、レイアウトに載っけました。

てか、、この街灯、
作ったは良いけど、引っ掛けないよう注意しないと。。。(^^;)

RIMG15170.jpg

で、とりあえず、夕暮れ時の立体駐車場です♪

半艶で塗った屋上がキラキラと安っぽいですけど、
最初に書いたように今は電飾が目的なので、細かなことはスルーしますw

RIMG15171.jpg

それと、立体駐車場に並行して、ビル寄りのホームにも新たに街灯を1基追加しました♪

そしてその街灯の灯りですが、駅ビルの外壁に反射しすぎていたため、LEDにシルバーの
塗料を塗り、光量を加減しています。

RIMG15172.jpg

最後はは部屋の灯りを消し、夜の町中駅です(^^)

RIMG15173.jpg

以上で、立体駐車場の電飾はひとまず完了で、、、
次回から、最後に残った‘ローカルホーム‘の電飾を行いたいと思います(^_^)

RIMG15174.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ローカルホームに照明をつける LEDの選定

今回は、最後まで残っていたローカルホーム(町中電鐵・町中駅)にも、
LED照明の設置を行いたいと思います(^^)

RIMG15180.jpg

まずは屋根裏をスッキリさせるため、トミックス・4021・島式ホームの時刻表や
広告の出っ張りをニッパーで切り落とし、ヤスリで綺麗に仕上げました♪

RIMG15184.jpg

そして、真っ黒だった上屋の支柱やスピーカーなどに色を塗り、、、

RIMG15185.jpg

成形色のままだった屋根も、ホコリや鉄粉で汚れたように少しずつ色を重ねていきました(^^)

RIMG15187.jpg

JRホームと差別したく、あえて濃いめの色にしましたが、、、

RIMG15188.jpg

これはさすがに濃すぎましたかねぇww

RIMG15189.jpg

まあ、屋根くらいなら、あとで塗り替えれば良いわけで、、、
いよいよLEDの設置を始めるべく、候補として3種類のLEDを並べました♪

まず始めは画像中央、砲弾型LEDと透明プラ棒の組合せです。
わたし的には、軒下から顔を覗かすプラ棒の不格好さに目を瞑ればw、結構気に入っている
のですが、ローカル線も本線と同じ雰囲気の照明じゃ、鉄道会社の区別が出来ないため、
結局今回の採用は見送ることにしました(^^;)

そして画像右上、テープLEDはですね。。。
取付の手っ取り早さはピカイチなのでしょうが、たぶんローカルホームに似合わないくらい
無駄に明るくなりそうなので、これもパスww

で、最後に残った画像右下の、1608サイズのチップLED、、、
これはまあ、なんと言うか、、、
個数を増やせば増やすほど、光の間隔が狭まり、見栄えが良くなる筈ですが、
その代わり、問題は配線ですね、配線。。。

LEDが増えるに従い当然配線も増えますから、かなり面倒というか、とんでもないことに
なりそうなので、止めといた方が良いような気がするのですが。。。

RIMG15191.jpg

あえて火中の栗を拾う気満々で、チップLEDのはんだ付けを始めました(^_^;)

RIMG15193.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ローカルホームに照明をつける 明るさの調整

トミックス 4021・島式ホームにLED照明を組み込んでいます(^^)

前回の続きで、1608のチップLED・7個に、ポリウレタン被覆電線を、はんだ付けしました。

RIMG15201.jpg

で、この7個のLEDをどのように配置するかというと、画像のように3個と4個、それぞれを
直列に接続した2回路を作り、これまでのように縦樋を模した真鍮棒を介し、12V電源を
給電しようってわけなのです♪
 ↑ もちろん屋根の両側に設置するため、合計14個のLEDが必要になります。

RIMG15203.jpg

そして問題は、個数の違う2つの回路の明るさの同調ですね。。。
だって4個直列より、3個直列の方が明るく点くのは、なんとなく解りますから!
 ↑ 難しい理由は解りませんよ、ただ、なんとなくですww

というわけで、早速、LEDを仮に接続し、、、

RIMG15205.jpg

幾通りも抵抗を繋ぎ替え、それぞれの明るさ(電流)が均等に揃うよう、実験を繰り返しました♪

が、残念なことに手持ちで最大な抵抗は430Ωなため、コレ一つじゃ制限できる電流は、
たかがしれてるし、かといって屋根裏に4個も5個も直列で設置できるはずもなく、、、
 ↑ だいいち、格好悪いですから。。。
私の理想とする、少し薄暗いローカル線の照明には、ほど遠いありさまだったのです(^^;)

ちなみに、CRD・定電流ダイオードなるものが有れば、こんな面倒なことはしなくても良い
らしいのですが、あいにくそんな難しいものは持っていませんしねぇww

RIMG15206.jpg

で、とりあえず、ほぼ満足というか、妥協出来る組合せが見つかったため、、、
実際に屋根裏に設置してみることになりました♪

まずは画像のように、瞬着で配線済みのチップLED本体を接着し、、、

RIMG15207.jpg

はんだ付けしながら、小屋組の隅に配線と抵抗も接着していきます。。。

RIMG15209.jpg

てか、私のの予想以上に、これって無茶苦茶めんどうな根気のいる作業です(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ローカルホームに照明をつける 失敗のち成功???

ローカルホームにLED照明を取り付けています(^^)

前回の続きで、天井にチップLED3個と4個ずつを使った、2つの回路を固定しました。
 ↑ まだ試作段階なので、屋根の片側だけの取付です。。。

RIMG15211.jpg

で、仮に電源を繋ぎ、スイッチ おーんw

アレ?

RIMG15212.jpg

てか、これって明るすぎるんじゃない???

しかも、まだ片側だけなのに。。。(^^;)

RIMG15213.jpg

試しに部屋の灯りを消してみると、まるで電子レンジ状態やんww
 ↑ しかも、屋根から光が透けてます

RIMG15215.jpg

仕方なく一次側に抵抗を挟むものの、双方の回路のバランスが崩れたのか、
極端に明るさが変わっちゃう始末で、、、

このまま ‘個数の違う’ LEDを組み込んだ回路に対して、抵抗を使っての調光は、
無駄に時間がかかるだけで、らちがあかないと判断し。。。

RIMG15217.jpg

この度、初めて ‘定電流ダイオード (CRD)’ なるものを使ってみることとなりました♪

ちなみに今回使用したのは、石塚電子製のチップ定電流ダイオード・ S-501で、
名前の通りLEDの個数に関係なく、一定の電流(この機種は0.5mA)が流れるらしいです。

RIMG15218.jpg

そして早速、これまでの抵抗とCRDを入れ替えて、、、

RIMG15220.jpg

点灯実験を行いました(^_^)

RIMG15222.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村