2012年10月 の記事一覧

留置線改修工事 ポイントに激突する???

コルク道床に、PECOのフレキシブルレールを接着しました(^^)

RIMG12761.jpg

何時になるか解りませんが、日根野車庫のようなトンネルを作るため、スタイロフォームに
切り込みを入れておきました。

RIMG12764.jpg

次は、お約束の試運転です♪

車両はKATOの223系2000番台で、青色方向での入庫は異常なし(^^)
今度は折り返し、赤色方向での出庫中、坂を下りトミックス・ダブルスリップポイントの通過で
ガキッという音と共に車両が急停止してしまいました???

急遽試運転を中止し、その原因を究明したのですが、目に見えて異常が有るわけでなく
指でなぞって引っかかるわけでもなく、定規を当ててようやくその原因が解りました(^^;)

で、その原因とはww
赤で囲ったクロッシングレールが、基本レールよりほんの少し 0.3ミリほど高くなっていて、
軸距と勾配せいで、前のめり気味になった223系のスカートが接触した為なのです。
↑ ここ最近、ポイントに手を加えるとろくなことがないです。。。

RIMG12765.jpg

そもそもこのような傾斜が変化する所に、ポイントを設置するのが間違いなんだろうけど、
今回も根気よく調整しました(^^;)

薄いプラ板をレールやポイントに挟み、試運転を繰り返すのですが、画像じゃ写ってないけど
これを含め合計3台のダブルスリップポイントを直列に接続しているため、こちらを直せば
隣が悪くなるといった有様で、、、
何度も微調整を繰り返し、ようやく満足のいく状態になりました♪

RIMG12769.jpg

以上で留置線の工作はお終いで、、、

肝心のホームの工作に戻る前にもう一ヶ所w、画像中央 赤で囲った道路の拡幅に備え、
本線の線形にも手を加えておきたいと思います(^^)

RIMG12771.jpg

とりあえず、トミックスの両渡りポイント(ダブルクロス)の片側だけを接続し、ジョイナーが
壊れない程度に右に曲げました(^_^)

RIMG12778.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

本線も改修する 最後のレール敷設???

前回の続きで、将来の道路拡幅工事?に備え、線形に手を加えています(^^)

少しでもポイントの間隔を詰めるため、トミックスの両渡りポイント(ダブルクロス)と、その
手前のダブルスリップポイントに挟まれたs33レールを、s18.5レールに交換しました。

ちなみに、私がポイント間に端数レールを挟むわけはですね、、、
端数レールを使わずに、直接ポイントにリード線をハンダ付けしても良いのですが、いつか
ポイントが壊れ交換する時を想像すると、端数レールが有る方が遙かに作業しやすいだろう
との思いからなのです(^^;)

RIMG12777.jpg

微妙にカーブした線路を接続するため、内回りにはフレキシブルレールを使いました。

RIMG12779.jpg

電気系は得意じゃないけど、レイアウトの下に潜り配線の整理中。。。(^^;)

RIMG12780.jpg

ポイントの次は、本線の線路の移動です(^^)

このレイアウトに手を付け数年が経ちましたが、レールの敷設はこれで最後になるのではと
思いながら手を動かしています。
↑ ってなことを言いながら、そのうちにまたどこか壊しだすかもww

RIMG12782.jpg

コルク道床を撤去しました。

自動踏切制御用のS70センサーレールが残っていますが、机との隙間が狭くコードを差し
替えるのが面倒なため、この状態で作業を続けます。。。

RIMG12785.jpg

続いて、薄く削ったスタイロフォームを、両渡りポイントの下に差し込みました(^_^)

RIMG12787.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

本線も改修する 複線間隔32ミリ

留置線と同じく、本線もスタイロフォームで嵩上げしました(^^)

RIMG12788.jpg

今回の改修の目的に、複線間隔の見直しも予定しているのですが、自動踏切制御用の
センサーレールがトミックスの規格のため、このままでは複線間隔が37ミリ以下にならない
のです。。。

そこで無い智恵を絞った結果ww、画像のように内外の線路に段差を設け、出来た隙間に
センサー部を設置することを思いつきました(^^)
↑ いつものことですがセンサーレールの故障・交換とか、これっぽっちも考えていませんw

RIMG12790.jpg

コルク道床を繋げました。

スタイロフォームの内側は低めに削り、少しだけカントをつけています(^^)

RIMG12794.jpg

続いて、先に外回りのフレキシブルレールを接続し、

RIMG12795.jpg

その建築限界ギリギリに、内回りのセンサーとフレキシブルレールを通しました。

ちなみに、複線間隔はKATOより1ミリ狭い、32ミリでした(^^)

RIMG12797.jpg

最後にお約束の試運転も無事終了し、今回はこれでお終いです(^_^)

RIMG12800.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ホーム改修工事 とっておきの工法を採用した

町中駅周辺の改修が一区切りつき、ホーム改修工事を再開したいと思います(^^)

RIMG12801.jpg

当初の予定では、地面から突き出たエバーグリーン・1.5ミリH鋼型プラ棒に、直接床板を
載せるつもりだったのですが、、、

RIMG12802.jpg

先日、所用で地元阪和線の六十谷駅に出向いた際、列車待ちの間に向かいのホームで
みかけた風景が印象に残ったため、この場所に表現してみることにしました(^^)

まずは、プラ板を重ねた治具を用い、H鋼型プラ棒をカットしました。

RIMG12804.jpg

手持ちのを使い切ったため、急遽通販で購入したエバーグリーンの1.5ミリH鋼型プラ棒を
塗装しました。

ちなみに商品より、送料の方が高くつくことに。。。(゚Д゚;)

RIMG12806.jpg

続いて先程のH鋼型プラ棒を、ホームの幅より長めにカットし、瞬着で接着していきます。

RIMG12807.jpg

一通り接着が終わりました。

RIMG12809.jpg

これより線路支障のため、当分の間上下線とも不通となります(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ホーム改修工事 床板の完成♪

町中駅のホームを改修しています(^^)

ホームの床板を治具として、線路にはみ出ていたエバーグリーンの1.5ミリH鋼型プラ棒を
カットしています。
ちなみにH鋼型プラ棒は、床板の縁より0.5ミリほど短くしました。

RIMG12811.jpg

カットした断面を塗装し、ホーム床下の完成です(^^)

てか、たぶんこれ以外にあると思われる床梁とかは、大人の事情で省略していますw

RIMG12812.jpg

ホームの床板を接着しました。

RIMG12814.jpg

続いて床の塗装のため、マスキングテープを貼り準備中。。。

RIMG12818.jpg

ブツブツ感を出すため、クレオスの塗料にライトセメントの粉末を混ぜ、筆塗りしました。

RIMG12820.jpg

駅によっちゃあ、補強のためのアングルブレースなどが入っているようですが、
ここも大人の事情で省略しています(^^;)

RIMG12821.jpg

以上でホームの延伸工事は完了で、次回からはバラスト撒きに備え、周辺の整備工事を
始めたいと思います(^_^)

RIMG12822.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

クレオス・レギュレーターの修理とレールの塗装

町中駅構内へのバラスト撒きに先立ち、駅周辺の整備工事を行います(^^)

まずは、本線と留置線を区画する溝蓋の設置から。。。

RIMG12824.jpg

溝蓋の下地として、1.5ミリのプラ板を敷きました。

隣の本線は1ミリプラ板1枚だけだったのですが、少しバラストに埋まり気味だったため
今回は1ミリと0.5ミリを重ねています。

RIMG12828.jpg

溝蓋はKATO・側溝の4ミリ幅です(^^)

本線は溝蓋がずれたように蛇行させたけど、今回はこれに柵を沿わしたいため、真っ直ぐに
接着しています。

RIMG12829.jpg

溝蓋とレール側面の塗装に先立ち、床に落とし割れたままだったクレオス・レギュレーターの
黒キャップを修理しました。
この黒キャップ、普段は塗装ブースの脇に固定しているため、落とすことはないのですが、
前回のレール塗装で工作室から持ち出した際、ホースを引っ掛け落としてしまったのです(^^;)
 ↑ 実はこれで壊すのは2個目ですww

RIMG12831.jpg

エア漏れもなく、塗装出来ました♪
使った塗料は、クレオスのダークアースです。

今度は落とさないようにしないと(^^;)

RIMG12832.jpg

さらに、タミヤのエナメルで溝蓋を汚し、今回はお終いです(^_^)

RIMG12834.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

柵で線路を区画する

本線と留置線を区画するため、溝蓋に沿わし柵を設置します(^^)

手持ちで使えそうなのを並べたけど、どれもイマイチなため、、、

RIMG12837.jpg

0.5ミリ真鍮線で試作しました。

ちなみにスケール的には0.4ミリ以下なんだろうけど、強度的な理由で0.5ミリです(^^;)

RIMG12839.jpg

瞬着で仮留めしました。

中間に横桟などあればリアルですが、何せ大量に作らなくちゃいけないので、今回は
見送ります。。。

RIMG12841.jpg

大量生産を始めるべく、最新鋭のベンダーを導入しましたw

RIMG12844.jpg

プラ板にニッパーを沿わせ、余分な真鍮線をカットします。

最新鋭なのに、なぜか手作業です (゚Д゚)ハア?

RIMG12846.jpg

早速、量産体制に入りました♪

とりあえず、50個ほど作ろうと思います(^_^)

RIMG12848.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

柵で線路を区画する その2

0.5ミリ真鍮線を曲げ、柵を作りました。

幾つあるか数えてないけど、使った真鍮線から50個以上あるはずです(^^;)

RIMG12853.jpg

留置線の入り口から付け始めました。

たしか前にも書いたと思いますが、ポイントが故障した時のこととか、これっぽっちも考えて
いませんww

RIMG12857.jpg

1個ずつ捻れを確認しながら接着しているので、時間が掛かります。

肩が凝らないうちに、早く仕上げないと。。。

RIMG12859.jpg

倒れないよう、真鍮線の足下が1.5ミリ バラストに埋まるようになっています。

RIMG12860.jpg

ここで、ちょうど半分ですね。

少し疲れてきました。。。(^^;)

RIMG12861.jpg

あと20センチ程を残し、作った分だけ使い切りました。
 ↑ 実は、無くなってほっとしたのが本音w

RIMG12863.jpg

以上、今回はこれでお終いで次回に続きます(^_^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村