2011年10月 の記事一覧

貴志駅を作る エアブラシの手抜き調色法

夏休み中の工作として作り始めた貴志駅ですが、とうとう10月になってしまいました(^^;)

ここのところ、じっくり工作をする時間が無いせいで、このブログも少々迷走気味ですが、あと
1ヶ月くらいを目処に完成するよう、頑張りたいと思います(^^)

スロープや階段の隙間をパテで補修しました。

RIMG8800.jpg

自分なりにペーパーで削ったけど、細かなところが見えにくいので、サーフェイサーを吹きました。

目の良くなる目薬は売ってないかなww

RIMG8802.jpg

きりがないので、次に進みます。。。

RIMG8808.jpg

スロープを塗装するためにエアブラシの準備をします。

ここで私が良く用いる手抜き調色法の紹介です。
普通は塗料を塗料皿に小出しし、好みの色や粘度に調整すると思うのですが、私の方法は
エアブラシのカップに直接シンナーと塗料を入れ、コポコポと うがいをさせ混ぜてしまうのです。

同じ色が沢山必要なら、専用の瓶で調色しておくのですが、今回は一度きりの色だし、何より
塗料皿を洗うシンナーの節約にもなるって訳です(^^)

RIMG8810.jpg

マスキングを取りました。

書き忘れましたが、目指す色味と違うことが多いので、神経質な方にはお勧めできませんw

RIMG8811.jpg

次はスロープの手摺の工作です。

以前から愛用の極細マイクロドリル刃セットですが、0.5ミリのが折れてしまったので
ホームセンターで買ってきました。
各種20本入りセットが1800円なのに、0.5ミリは2本で600円でした???

RIMG8812.jpg

次回はその切れ味を試してみたいと思います(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

貴志駅を作る 真鍮棒で手摺の製作

スロープの壁に、手摺の支柱用に穴を開けます。

新しく買った0.5ミリ鉄工キリですが、さすが三菱製だけあって良い切れ味です(^^)

RIMG8816.jpg

支柱に0.5ミリ真鍮棒を立てました。

一般によく使われる34Φの手摺だと、Nサイズでは0.23ミリとなり、0.5ミリでは太すぎるのですが
耐久性を考えてというか、実はこれしか手持ちがなかったもので。。。

RIMG8817.jpg

手摺を はんだ付けで組み立てていきます。

RIMG8819.jpg

踊り場で折り返し、残りを組み立てました。

RIMG8822.jpg

一応これで内側の手摺は完成としたいのですが、実際の貴志駅は上下2段の手摺なんですw

RIMG8467.jpg

続いて、これまでと同じ要領で、下の手摺をはんだ付けすればいいのでしょうが、今までの経験
から下を熱すると上のはんだまで溶けてしまい、バラバラになってしまうような気がします(^^;)

かといって、瞬着は強度的な不安もあるし、これはちょっと、次回の課題になりそうです。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

貴志駅を作る はんだコテと格闘する

下側の手摺はさておいて、先に外回りの手摺の工作を済ませます(^^)

前回のように、手摺の壁に0.5ミリ真鍮棒を立て、高さを揃えて切りました。

RIMG8825.jpg

プラ板に両面テープを貼った治具を使い、はんだ付けしていきます。

なるべくはんだが盛り上がらないよう心がけているのですが、そう上手くはいきません(^^;)

RIMG8829.jpg

これで、上側の手摺は完成です。

はんだ付けもそれなりに慣れてきて、少しは手早く出来るようになりました。

RIMG8831.jpg

前回のブログにも書いたように、ここまで来れば下側の手摺もつけるしか有りません。
熱でバラバラにならないか、様子見に練習を兼ね、真鍮棒の端材で実験しました。

その結果、素早くはんだ付けを済ませれば、隣のはんだを溶かすことはないようですが、
プラ板との接着に使った瞬着の方がコテの熱でやられてしまうようです。。。

RIMG8832.jpg

今更後に引けないので、下側の手摺の工作も始めましたw

少しずつコツが解ってきたのか、案外上手くいくようです(^^)

RIMG8833.jpg

調子に乗って工作していると、はんだコテの先でプラ板を溶かしてしまいました(^^;)

RIMG8840.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

貴志駅を作る 手摺が出来た

手をつける前から、なんだかんだと心配していた手摺ですが、工作を始めてみれば、案外と
上手い具合に出来上がってきました(当社従来比)

今になってみれば0.3ミリの真鍮棒を使い、支柱の間隔ももう少し細かくすれば良かったなと思い
ますが、もう後の祭りですね(^^;)

RIMG8841.jpg

最近は、このテーブルが工作室になりました。。。

RIMG8846.jpg

あとは階段の手すりです。

RIMG8847.jpg

はんだ付けが終わったのでマスキングをめくり、フラックスを水洗いしました。

RIMG8848.jpg

今度は塗装用のマスキングを貼りました。

RIMG8853.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

貴志駅を作る 外構の塗装

真鍮棒で作った手摺を塗装しました。
プライマーを塗ることで手摺が太くなるのを嫌って、下地処理無しでの塗装です。

完成すれば手を触れないので、多分剥がれないだろうと思います(^^;)

RIMG8855.jpg

これでスロープ及び手摺はひとまず完成です(^^)

細かなところは頃合いを見て、ゆっくりと仕上げるつもり。。。

RIMG8858.jpg

次は、壁や床のレンガ模様を塗装します。

マスキングテープを貼るだけで結構な時間がかかりました。

RIMG8859.jpg

手持ちの中から使えそうな色を、手当たり次第に塗っていきます。

RIMG8861.jpg

ムラになった方がレンガの窯変っぽく仕上がるだろうと、色を替える時もエアブラシの洗浄無しで
塗装を続けます。

RIMG8862.jpg

綺麗に塗るのは苦手ですが、ムラに塗るのは自信がありますww

RIMG8867.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

貴志駅を作る 売物件あります

風呂上がりにくつろいでいると、嫁に「貴志駅が出来上がったら売ったら?」 「一万円くらいで
売れるんじゃない?」と言われましたw

うーん、私が鉄道模型や車遊びで散財しているため、家計が苦しいのは解りますが、構想から
3ヶ月以上、苦労しながら作って一万円ですか。。。 _| ̄|○

需要を考えればそんなものかもしれませんが、テンション下がりますww
まあね、愚痴っても仕方ないので、塗装の続きでも(^^;)

レンガ模様の仕上げに赤系も加えます。

RIMG8868.jpg

実際はもう少し赤が強いのですが、私のはこれくらいにしておきます。

RIMG8869.jpg

瞬着でトイレ棟を接着しました。

RIMG8872.jpg

ここで、子供が買ってきたBトレ 南海12000系の紹介です。

10月8日 発売日の夕方に、嫁と子供が和歌山市駅に買いに行ったところ売り切れでしたが、
翌9日に行くと新たに入荷していたそうです(^^)

RIMG8874.jpg

新旧移籍組ごちゃ混ぜですね。

手前の2編成も動力化したいけど、結構高くつくんですよね(^^;)

RIMG8875.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

貴志駅を作る 点字ブロックの製作

今回は点字ブロックの工作です。

2ミリ黄色テープの手持ちがなかったので探していたら、近くのホームセンターで見つけました。
これまでは、マスキングテープの幅をカットしたり、ICテープを黄色く塗ったりしていたのですが、
これで作業効率が上がります(^^)

RIMG8878.jpg

早速使ってみました。

本来はマスキングテープなのですが、紙テープと言うよりはビニールテープに近いような材質です。
ICテープよりも厚めなのが気になりますが、粘着力も強そうなので剥がれにくいかもしれません。

RIMG8884.jpg

点字部分は完了です。

RIMG8886.jpg

次は、白レンガで描かれたラインの工作です。

RIMG8038.jpg

1ミリ ICテープを貼っていきます。

幅の細いテープなので、蛇行せず真っ直ぐに貼るのは難しい。。。
後々剥がれないよう、端部には瞬着を併用しています。

RIMG8892.jpg

機嫌良く工作していると、嫁に「貴志駅の前は駐車場なんやね」と言われました(-_-#)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

貴志駅を作る 気に入らないので作り直す

嫁に「貴志駅前は駐車場か?」と言われた例の白いテープですが、確かに私も少し変だなと
思いながら工作していました(^^;)

貴志駅の画像と比べても、何かが違うんですよね。
テープが目立ちすぎるというか、景色から浮いてしまってるというか???
まあしかし、手を動かさなければいつまで経っても完成しないわけで、おかしいなと思いながらも
テープを全部貼り終えました(^^)

RIMG8896.jpg

で、一通り貼り終えたのを眺めていて、テープが目立ちすぎる原因がわかっちゃいました(-_-#)

夏休みに貴志駅を取材したデータによると、床は114ミリ幅の規格のレンガなので、Nサイズの
場合は0.76ミリになり、1ミリ幅のテープだと太すぎだったってわけです。
たかが0.24ミリ、されど0.24ミリってことですね(^^;)

しばし悩んだ結果、、、

RIMG8898.jpg

TVドラマでは、頑固な陶芸家が焼き上がりの気に入らない壺を割ってしまうシーンを目に
しますが、小心者の私には駅ごと壊す度胸は有りませんww

ICテープには瞬着も併用していたので、塗装のやり直しも必要になりました。。。

RIMG8900.jpg

マスキングして塗装中

RIMG8903.jpg

前より色を濃いめにしました。

これでテープを貼る準備が完了です(^^;)

RIMG8905.jpg

早速、我が た625の工作室が誇る情報網を駆使した結果、心斎橋の某大型店に0.5ミリの
ICテープの在庫があることがわかりました。

0.5ミリでは、少し細すぎるような気もしますが、太すぎて目立つよりはマシでしょう。

RIMG8334.jpg

ちょっと今から、大阪まで買い物に行ってきます(´・ω・)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村