2011年06月 の記事一覧

道路を作る 歩道を作った

今回は歩道を作ります。

歩道は道路より一段高くしたいので、1ミリのプラ板で作ることにしました。
まず、前回下書きしたプランを1ミリプラ板に複写します。

画像は、下書きにトレーシングペーパーを重ねてボールペンでなぞったところです。
私はトレーシングペーパーを使いましたが、下が透けて見える紙があれば代用できます。

RIMG7076.jpg

次にトレーシングペーパーを裏返し、4Bなどの濃い鉛筆でボールペンの線をこすります。
これはトレーシングペーパーの裏に鉛筆のカーボンを付けるためです。

RIMG7077.jpg

今度はプラ板の上に、表向きでトレーシングペーパーを重ね、最初に付けたボールペンの
線ををなぞります。

RIMG7078.jpg

プラ板に下書きが複写されました(^^)

下手な説明で解りにくいですが、要は伝票などに書いた文字が裏に複写されるのと同じ
理屈です。

RIMG7079.jpg

カッターでプラ板を切り抜き、ヤスリで修正しました。

RIMG7080.jpg

MRカラーで下塗りし、グレインペイントの深灰で路面のざらつきを表現しました。

グレインペイントはプラ板と密着しにくいので、目の粗いペーパーで足付けしています。

RIMG7082.jpg

歩道の縁には、縁石代わりに1ミリプラ棒を接着しました(^^)

RIMG7083.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

道路を作る 歩道にフェンスを付けた

道路にグレインペイントの深灰を塗ります。
実物のアスファルトより明るい色ですが、私はこれくらいの方が好きです(^^)

ただ、良い感じに仕上がるんですが、塗りにくいんですよね。。。

RIMG7085.jpg

今回は深灰に塗り、区画線を引いてからタイヤの跡などを表現しようと思います。

RIMG7086.jpg

歩道にフェンスを付けました。
KATO 23-213 ガードレールに同梱されているものです。

道路側はガードレールにしようか迷いましたが、フェンスがたくさん余っていたので。。。
まぁ、歩道は道路より一段高くなっているのでガードレールじゃ無くても安全かな(^^;)

RIMG7092.jpg

歩道を接着したので、1ミリのICテープで区画線の試作をしました。
思うようなカープに曲がらずに、数回貼り直していますw

カーブがきついので剥がれないか、しばらく様子を見ようと思います。

RIMG7094.jpg

白線と歩道の間は、グレインペイントの浅灰で色を変えています。

RIMG7100.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

道路を作る 下手なライン屋

駅方面に下る歩道も作りました。

下り坂の形状に合わせ取り付けやすいように、予め手摺を突っ張り気味に接着し
歩道を反らせています。

RIMG7104.jpg

道路に接着しました。

そろそろ駅前広場のプランを考えないと(^^;)

RIMG7109.jpg

前回歩道脇に貼った1ミリの白線ですが、心配していたとおり捲れ上がってきたので
剥がしてしまいましたw

やっぱカーブがきついため、どうしても引っ張り気味にテープを貼ってしまうのが原因でしょうね。
直線だと問題ないのですが、曲線ではテープが縮んでカーブの内側方向に捲れるようです。

RIMG7110.jpg

我が家のレイアウトは、子供たちが触りまくるので、耐久性重視で製作しています(^^;)
そのため、捲れる恐れがあるテープは見合わせて、より確実な塗料で塗る方法を
試してみようと思います。

まずは簡単そうな横断歩道から。

マスキングテープの替わりに、3ミリのICテープを3ミリ間隔で貼りました。
塗装せず、このまま両端をカットすれば横断歩道の出来上がりのような気もしますが。。。

白く塗ってマスキングを取れば、3ミリ幅の白線が描かれるはずです。
上手い具合に行けば、1ミリ幅の区画線も引いてみようw

RIMG7113.jpg

見事に失敗しましたww

RIMG7114.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

道路を作る 横断歩道を作った

前回、下手なライン屋に無茶苦茶にされた路面を補修しました。

筆塗りなので、滲まないように念入りにテープを貼って、つや消しクリヤーでテープの
隙間を埋めたんですが(^^;)
エアブラシで吹いたら滲まないんだろうけど、面倒だし。。。

もう失敗はこりごりなので、素直にICテープを使うことにしますが、少しでも正確にテープを
貼れる方法を考えてみました。

透明のシール用紙に、jw cadで3ミリごとに線を引いてプリントしました。
これを道路に貼り付ければ、老眼になりかけの私でも楽に工作できますw

RIMG7121.jpg

このシール用紙は、それなりの厚みがあるので、カットする時の定規代わりに使えました。
それと嬉しい誤算ですが、紙と違い捲っても破れないので、何度でも使えるようです(^^)

ふと上を見ると、線路脇のフェンスが曲がっています。
路面を補修した時に、慌ててドライヤーで乾かしたので、熱で曲がったのかな?
失敗する時は続きますねぇ(^^;)

RIMG7123.jpg

反対側にも横断歩道を作りました。

RIMG7125.jpg

再び区画線を引きますが、曲線に貼るのでまた捲れるかも知れません。

デカールを保護する時のように、白線の上につや消しクリヤーを塗っても良さそうですが
塗料が乾燥する前に、テープに溶剤が浸透しノリが溶けて剥がれる原因になりそうです。

そこで、予め路面に瞬間接着剤を垂らしておいて、1ミリのICテープを貼り付けてみました。

RIMG7128.jpg

一晩経っても白線が捲れる様子はありません。
これはいい方法かも(^^)

気を良くして、今度は路肩のゼブラを作りました。

RIMG7130.jpg

3ミリのICテープが、45度の角度で6.5ミリ間隔で並んでいます。

RIMG7132.jpg

交差点らしくなってきました(^^)

RIMG7136.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

道路を作る 交差点ができた

センターラインを引きました。
黄色のICテープは持ってないので、白いテープを黄色く塗ってから貼っています。

駅の方に下る坂を区画するために、2ミリの点線も引きました。
この2ミリのテープも持ってないので、3ミリのICテープを切り落としました(^^;)

RIMG7216.jpg

反対側にも車線減少を示す斜めの区画線を引きました。

矢印は津川洋行のインスタント路面標示 Aです。
グレインペイントのざらついた路面なので、上手い具合に転写するか心配でしたが
むやみに触らない限りは大丈夫のようです(^^)

RIMG7218.jpg

停止線は、大通りは3ミリで、駅からの細い道は2ミリで引いています。

もっと区画線や文字を入れてみたい気持ちもありますが、なにぶん狭い交差点なので
これくらいの方が良いのか思案中です。

RIMG7221.jpg

交差点を直進すると、普通車が辛うじてすれ違える幅しかない田舎道に入ります。

標識や信号機は工作中に引っ掛けて壊してはいけないので、もう少し後になって
設置しようと思います。

RIMG7226.jpg

ここから先の道は一部が狭くなっていますが、拡幅工事の真っ最中です。

次回からは、こちら側の工作を進めようと思います。

RIMG7227.jpg

車を並べてみました(^^)

RIMG7244.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

トミーテックの踏切を改良した

今回から道路の拡幅工事中の区間を工作します。

まず、町中電車区に向かう踏切の改良です(^^)

この踏切は、トミーテックのキットをそのまま利用しているために、
手前の道路と踏切が直角に交差していて、大きな車は曲がりにくくなっていました。

そこで踏切の角度を変えて、通行しやすいように改良?してみようと思います。

RIMG7254.jpg

踏切を撤去しましたw

RIMG7256.jpg

新しい踏切を作ります。

以前と道路の幅は同じですが、斜めになったなった分、各パーツを1㎝ほど
長く作り直しました。
レールの内側はトミーテックのパーツを加工して延ばしています。
また、レールの外側には、1ミリと2ミリのプラ角棒を組み合わせて接着しています。

RIMG7270.jpg

1ミリプラ板に、プレキャストコンクリートの床板風に溝を入れて、ライトセメントで
接着しました。

RIMG7272.jpg

数時間の乾燥の後、路面を綺麗に補修しました(^^)

RIMG7281.jpg

最後に遮断機を取り付けます。

元々トミーテックの遮断機が片側に1台ずつで、計2台の組み合わせだったのですが、
道幅も微妙に広くなったこともあり、片側に2台ずつの計4台に増設することにしました。

RIMG7284.jpg

工作中に引っ掛けて壊しそうだなww

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

道路工事の風景を作る

線路際の境界フェンスの基礎に、3ミリプラ棒を接着しました。
このプラ棒には、予めトミックスの柵が付くように穴を開けてあります。

トミックスのTCS自動踏切用のセンサーが出っ張っていて邪魔ですが、
これを削るわけにはいかないので、ギリギリの所を通していますw

自動踏切に付属のワンタッチ装着センサーは、良く誤作動を起こしましたが
このセンサーレールに替えてからは、調子よく作動してくれているので、
埋め込んでしまっても大丈夫でしょ(^^;)

RIMG7285.jpg

これは道路の拡幅工事のために、山を削っている所です。

ただ、最初からこのようなストーリーが有ったわけでなく、面白そうなので何となく
作っていた風景ですが、今回の工作に伴いトミーテックの塀(万能板と呼びます)
が邪魔になってきたので、後方に移動することにしました。

RIMG7292.jpg

壊れないか心配でしたが、カッターを入れると簡単に外すことができました。

RIMG7293.jpg

2㎝近く後退できました。

これだけ有れば、色々と工作を楽しめます(^^)

RIMG7301.jpg

路面のデコボコを補修しました。

RIMG7304.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

道路工事の風景を作る H鋼を打込んだ

このブログを始めて半年が経ちました。

1回目のブログにも書いて有る通り、元々は子供に買い与えたのがきっかけでしたが
今では私の方もどっぷりと、この世界にはまり込んでしまいました(^^;)

2日に一度の更新は辛い時もありますが、
時間の許す限りこのペースで続けていきたいと思います。

いつもふざけた書き込みばかりですが、今後ともお付き合いの程、宜しくお願いします(^^)


 前回は工事現場の万能板を後方に移動しましたが、踏切に近い部分は
囲いが無いままでした。

今回はこの部分に、以前からやってみたかったことを試してみようと思います。

RIMG7303.jpg

レッドブラウンに塗装したエバーグリーンのH型プラ棒を、15ミリ間隔に建てました。

このプラ棒は1辺が2ミリなので、実物では30㎝のH鋼となります。

RIMG7307.jpg

最近では余り見かけない木製の折箱です。
これを使って足場板を作りました。

折箱の蓋を2ミリ程の幅に切って、KATOのアンダーコートで着色しました。
水で薄めたアンダーコートを筆で塗り、余分な塗料をウエスで拭き取っています。

RIMG7309.jpg

後からでは塗りにくくなりそうなところに、色を付けました。

タミヤの情景テクスチャーペイントを使うのは初めてだったのですが、要領が解らず
少し濃く塗りすぎたw

RIMG7310.jpg

H鋼の溝に、先ほどの足場板を切り込んでいきます。

RIMG7313.jpg

山奥の工事現場で、これと似たようなのを見かけた方もいらっしゃると思いますが
親杭横矢板と言い、崖崩れから歩行者などを保護するための囲いです(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村