2011年05月 の記事一覧

川を作る 遊歩道製作編

前回から右岸の工作が始まりましたが、草で覆ってしまうのも面白くないので
護岸と遊歩道を作りたいと思います。

RIMG6357.jpg

まず、護岸の形にライトセメントを塗ります。
水面が仕上がる前にやっておけば楽なのにねぇ(^^;)

RIMG6361.jpg

一晩経ち、ライトセメントが固まったので石垣を作ります。
斜面に木工ボンドを筆で塗り、モーリンの川石 小を筆で掃きながら接着します。
2ミリくらいの大きさの石なので、隙間が出来ないようにしないと。。。

RIMG6372.jpg

数時間経って、固まったかなと触ってみると、石垣がポロポロと崩れてきますw
やはりボンドが少なかったようです。
余り塗りすぎてはみ出すと困るため、少ない目に塗ったのが裏目に出たようです(^^;)

石垣の表面もデコボコして格好悪いなw

RIMG6375.jpg

遊歩道へ降りる階段を、2ミリプラ棒で作りました。

石垣の表面に、モーリンの川石 小小を詰めてみました。
デコボコは多少マシになったような??

RIMG6381.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

土手にガードレールをつける

石垣と水面の隙間にTOMIXのパウダーを詰めました。
これで石垣の足下もスッキリしました(^^)

遊歩道から川に降りる階段もつければ面白かったけど、歩道部分が狭くなるのでパスw
釣り人の人形が欲しいんだけど、どこかから出てなかったかな?

RIMG6388.jpg

階段の横にも草を植えましたが、写真を撮るのを忘れたので次に進みます(^^;)

今度は交差点の工事です。
鋭角で曲がりにくかったので、土手にグリーンマックスの石垣 Cを接着しライトセメントで
補修しました。

RIMG6389.jpg

最後に、土手から車が落ちたら大変なので、ガードレールを付けます。

KATOのガードレールを軽トラで運んでますが、作業員の人形は持ってないので省略ww

RIMG6432.jpg

ガードレールの支柱の穴を1.5ミリの鉄工ドリルであけます。
ライトセメントは石膏と比べて固いので大変です。
工作中に一本折ってしまいました(>_<)

RIMG6444.jpg

ガードレールを付けたので結構リアルになりましたw

これより上流は田舎の設定なので、ガードレールを付ける気はないんだけど、
遊園地側はどうしようかな?
両側にガードレールを付けたら、道路の幅が揃ってないのが目立つしねぇ。。。

あっ、橋の塗装を忘れてた(^^;)

RIMG6445.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

川沿いの風景 完結編

交差点にもガードレールを付けました。
道路にラインも引きたいけど、今はまだ時期尚早だな。。。

橋が浮き上がったままですが、下流の工作の時に取り外すので、このまま放置します(^^;)

RIMG6448.jpg

最後に残っていた土手にも、草を植えます。

木工ボンドを塗って

RIMG6452.jpg

KATOのコースターフを接着しました。

工事のおじさんたちも仕事が終わり、帰っていきます。
お疲れさま(^^)

RIMG6458.jpg

川辺にKATOの人形 24-237 家族連れを接着しました。
小さな人形ですが、これがあるだけで色々とイメージを膨らますことが出来ます(^^)

実際の風景は、観光地でもない限りもっとゴミや水草で汚れていますが、明るいのが好きなので。。。

RIMG6547.jpg

一年近く前の画像です。
遊園地のプランを練っていた頃です。

棚田を作ったところに農家を置いているように、当時からここを田畑にしようと決めていたわけですが

RIMG4079.jpg

すっかり様変わりしました。

ただ、置いていた農家は、私のイメージより時代背景が古すぎるので出番はありませんでしたw

RIMG6550.jpg

以上でこの周辺の工作は、ひとまず終わりにしたいと思います。
次回からは、別の場所での工作が始まります(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

阪和線沿いをサイクリングした

連休中に子供と二人 和歌山から阪南まで、阪和線沿いをサイクリングに行って来ました。

昼前に自宅を出発し、程なく日根野電車区新在家派出所に到着

たまにこの道を車で通ると多くの車両が停車しているのですが、この時は珍しいくらいガラガラです。
かつては今は無き きのくにシーサイドが一年の殆どをここで過ごしていましたねぇ

子供が小さい時に、ここで一般開放のイベントがあったのが懐かしい(^^)

RIMG6556.jpg

さらに線路沿いを東に進むと洗車機や洗車台が見えます。
年期の入った洗車台です。
塗装下手ですが、参考にしたいと思います(^^;)

RIMG6561.jpg

次は紀ノ川を渡り六十谷駅に向かいます。

近くの県道が拡幅工事の真っ最中ですが、この駅前はどうなるのでしょうか?

RIMG6563.jpg

六十谷駅から県道を東に走り、紀伊駅の手前から山の方に向かいます。

この辺りに来るのは初めてなので、途中で道を尋ねながら山の上の施設に到着しました。

阪和自動車道の紀ノ川サービスエリアです。
山歩きをする人が、よく立ち寄ると聞いたことがあるので訪ねてみました。

RIMG6584.jpg

どこから入るのか解らないのでウロウロしていると、通用口がありドライバーも普通に出入り
しているようなので、私たちもちょっと失礼し、しばらくの間休憩させていただきました(^^)

休憩の後、山を下り、紀伊駅に向かいます。
この駅前も狭いですね。。。

RIMG6586.jpg

続いて、子供お勧めの撮影スポットに向かいます。
何処で調べたのか、よく知ってますw

225系5000番台です。
いつの間にか、阪和線が最新型の宝庫に(^^;)

RIMG6591.jpg

のんきに写真を撮っている暇はありませんw
自宅を出発して2時間経ちましたが、ここからです
大変なのは。。。

しばらく県道を東に走り、交差点を北に曲がります。

雄ノ山峠です。
カーナビが普及するまでは地元の人しか知らない道だったのですが、最近は交通量が増えました。
ここから先、だんだんと道が狭く勾配もきつくなってきます。

※ この頃から自転車をこぐのを諦め、押しながら進んでいますw

RIMG6609.jpg

息切れしながら進んでいると、けもの道の様に草が踏みつけられたところがあり、
何だろうと思い下ってみると

RIMG6627.jpg

藪の中にトンネルがありました。
雄ノ山トンネルです。
けもの道と思ったのは、JRの保線用の通路?だったようです。

しばらくして、ちょうどいい具合に電車がやって来たので、記念に撮影しておきました。

サイクリングを再開し、まもなく雄ノ山峠の一番の難所にさしかかります。
こんな坂 自転車じゃ上れませんww

RIMG6633.jpg

頂上の少し手前から

RIMG6650.jpg

頂上からは殆どペダルを漕ぐことなく山中渓駅に到着します。
てか、ブレーキが火を噴きます(^^;)

駅前の売店でビールを頂き休憩します。
疲れているので缶ビール一本でほろ酔い気分にww

あっ、自転車でも飲酒運転なんですね。
ビールは夢の中で頂きましたので悪しからず(^^;)

RIMG6667.jpg

ここから30分余りで、目的の嫁の実家に到着です。
出発からちょうど4時間でした。

行きで疲れ果ててしまい、先行し到着していた嫁の車に自転車を積んでもらい帰宅しました(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

大事件発生!

このレイアウトを作り始めて数年が経ちました。

去年の暮れにこのブログを始めてからは、今までにないペースで工作してきましたが
実はもう一つペースを上げなければならない理由があったのです。

それはある日の、子供の「ここ壊れているよ」の一言から始まりました。

RIMG6464.jpg

近くからの画像です。
ジェットコースターが壊れています_| ̄|○

宙返りするところが3ヶ所も折れています。
苦労して作ったのに。。。

これを一刻も早く治さないことには、精神衛生上 非常によくありません。
そのため、ジェットコースターにこれ以上手を触れることのない様、奥の工作を早く終わらそうと
急いでいたわけです。

RIMG6466.jpg

しかし、なぜ壊れたんだろう???
私が壊すことなんてあり得ないし(^^;)

刑事ドラマでは、第一発見者が犯人というパターンが多いですよねww
早く修理して、じっくりと取り調べしたいと思います。

オイ、白状するなら早いほうが良いぞ(-_-)


ただ、修理するには厄介なことがありまして。。。
ジェットコースターは土台ごと、ベースに接着しているため、手を伸ばして作業するしかないんです。
距離は、左右でもそれぞれ70センチ、手前側からだと1mはあります。
大変だなぁ

RIMG6468.jpg

とにかく修理しなくてはいけないので、準備をします。
遊園地前駅を作った時の覆いが登場しました。

これを被せておけば、肘をつくことが出来るし、作業中でも電車の発着は出来ます(^^;)

漫画ではドラえもんが直してくれるのにな。。。

RIMG6474.jpg

今の部材を使って修理出来ないか調査中

RIMG6479.jpg

調査の結果、部材の交換が必要と判明しましたw

RIMG6481.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ジェットコースターを修理する

前回で壊れたレールを切ってしまったので、何が何でも治さないといけません(`・ω・´)キリッ

まず、タミヤの2ミリ ソフト丸棒を丸く曲げます。

明石名物 ひっぱりだこの駅弁の器が、ちょうど良い大きさなので利用しました。
器にプラ棒を巻き付けながらドライヤーで加熱します。
指先が沸騰するくらい熱いですが、我慢して曲げますw

RIMG6488.jpg

後は壊れた部分と交換するだけですが、かなり時間が掛かりそうだな(^^;)

ちなみにプラ棒のジョイント部分は少しでも接着面積を稼ぐために、こんな感じに加工します。
※ 画像は解りやすいように白いプラ棒です。

RIMG6489.jpg

それでは始めます。
既存のレールを斜めにカットし、滑らかな曲線になるように、繋ぐ位置も左右でずらします。

RIMG6533.jpg

新しいレールが完全に接着されないと次に進めないので、初日は片側だけです。

今回も接着剤はタミヤセメントを使いました。
瞬間接着剤は微調整が効かないのでどうも苦手です。。。

最初に作った時は、作業しやすいよう、この宙返り部分から外側への順序で作ったのですが
今回は当時と逆で、最悪の条件です(^^;)

あ~ 腰が痛い。。。

RIMG6540.jpg

明日のためにパーツを準備しておきます。
左右のレールを繋ぐ部品です。

2ミリ角プラ棒を3ミリの長さに切り、この日は終了しました(^^)

RIMG6684.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ジェットコースターを修理する その2

ジェットコースターの修理 2日目です。

今回は、前回接着したレールに反対側のレールを沿わせます。

RIMG6686.jpg

左右のレールを、長さ3ミリの2ミリ角棒で繋ぐのですが、少しずつカントを付けながら
組み立てます。

数センチ組み立てては硬化させての繰り返しです。
慌てて次々進むと接着がずれるので、じっくり作業しないと。。。

やっと頂上を越しました(^^)

RIMG6689.jpg

最後の区間を接続します。
長すぎても短すぎても綺麗に仕上がりません。

結局短く切りすぎて、新たな部材でごまかしました(^^;)

RIMG6693.jpg

黄色く塗ると、それらしくなってきました。

微妙な円形ですねww
プラ棒を無理に曲げてもっと丸くすることも出来たのですが、また折れる原因になっては
いけないのでこれくらいで良しとしました(^^)

RIMG6706.jpg

最後に、また壊れないよう補強の柱を追加しました。
最初からこうしておけば壊れなかったかも。

RIMG6717.jpg

朝早くから一日がかりの修理でした。

あ~ 腰が痛い(^^;)

RIMG6720.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

半分だけ公開 今後の予定

少しずつですが形になってきて、人前に出しても恥ずかしくない?ようになりました(^^;)

こちらが我が家のレイアウトの左半分です。

RIMG6753.jpg

この周辺は、町の中心から離れたローカルなイメージで製作しています。

対照的に、まだ未公開の右半分は少し近代的に製作しています。
ただし、どちらも私の住む和歌山を基準とした町並みですので、田舎には違いありませんww


当面の予定は、右側の市街地から遊園地までの道路の開通と、それを囲む町並みの製作です。
中央の湖や2つの山も何とかしないといけないし、やりたいことは山ほどあります。

下に敷いている緑のカーペットがストラクチャーで隠れてしまうのは、何時になることやら(^^;)


前置きはこれくらいにして、早速工作に取りかかります。

当分は、今までの工作の流れで、この区間の道路の製作を中心に進めていきたいと思います。

RIMG6759.jpg

スタイロフォームに石膏を塗って作った土手ですが、長年に渡り肘をついて作業したせいで
ひび割れてしまいました(^^;)

横を走る道路も幅が狭いので、この辺りを含め改良してみたいと思います。

RIMG6761.jpg

例のごとく、山を削りますww

RIMG6764.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村