2011年04月 の記事一覧

川沿いの風景を作る 親水護岸製作編 

今回は護岸を作りたいと思います。
イメージするのは画像のような、水とふれあうことが出来る親水護岸です。

RIMG5552.jpg

まずは階段を作ります。
実物には3ヶ所有るようですが、経費節減で2ヶ所にしますww

1ミリのプラ板で段板を作り

RIMG5833.jpg

下地に合わせて接着し

RIMG5835.jpg

色を塗れば完成です。

RIMG5837.jpg

次は石の再現です。

前々回ふるい分けた砂の小さい方を、さらに細かく砕きます。
飛び散らないよう新聞紙で挟んで、金槌で叩きました。

RIMG5839.jpg

砂の撒き方ですが、今回も石垣の時と同じく、紙粘土を下地に使うことにしました。
この方がデコボコにならず綺麗に並びます。

護岸に紙粘土を貼り付け

RIMG5841.jpg

ボンド水を塗り、砕いた砂をコテで押さえ馴染ませます。

所々に大きな石も埋め込みました。

RIMG5843.jpg

最後に、遊歩道にライトセメントを塗り、乾燥を待ちます。

RIMG5848.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

たま駅長の足跡

昨夜、子供を塾に迎えに行った帰りに、和歌山駅に寄りました。

最近のお気に入りですw
ここのところ仕事が忙しく疲れ気味なので、甘いものが恋しくなります。

RIMG5901.jpg

地下道を進むと、なにやら怪しい足跡が???

RIMG5903.jpg

足跡をたどり階段を上ると、自動改札機が並んでいました。

RIMG5908.jpg

あれ???

っと思っていると、後ろから子供の声がします。
ぼーっと歩いていたので、行き過ぎましたw

もう一度来た道を戻ると、足跡の犯人は和歌山電鐵の たま駅長のようです(^_^)

階段の壁一面にたま駅長のポスターが貼られています。
普段は犬派な私ですが、たま駅長だけは別格です。。。

RIMG5912.jpg

大池遊園です。
もうすぐ花見の季節ですが、今年はどうでしょうか。

RIMG5916.jpg

おなじみの貴志駅です。
たま駅長 ちょっと大きすぎではw

RIMG5917.jpg

たま駅長が温泉に入っています。
自慢の三毛が染まってしまいそうww

RIMG5918.jpg

もっとゆっくり見学したかったのですが、明日も仕事なので家路につきます。

RIMG5923.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

川沿いの風景を作る インターロッキング???

今回は、広場にインターロッキングを貼ろうと思います。

インターロッキングとは、画像の舗装に写っているカラフルなブロックのことです(^_^)

RIMG5565.jpg

使うのはプラストラクトのPS-112です。

画像では解りにくいと思いますが、一コマが3x1ミリのレンガ模様になったプラ板です。
本来は1/87の こけら葺き だそうです。

ここで少し脱線しますが、 こけら葺きをざっくりと説明すると、木の板を鱗のように重ねて
屋根を葺く工法のことです。
ちなみに、和歌山電鐵の貴志駅は こけら葺きとは違い檜皮葺で、木の皮を重ねて屋根を葺く
工法です。
どちらも一般の建物に使われることは、まずありません(^^;)

では本題です。
このプラ板は、Nゲージサイズに換算すると一コマが45x15センチになります。

標準的なインターロッキングのサイズは20x10センチか30x30センチなので、
レイアウトに使うには大きすぎますが、これくらいのオーバースケールな方が
引き立つだろうと、使うことにしました。

それに私自身、最近は目が悪くなり小さいものが見えにくくなってきたのでwww

RIMG5856.jpg

下地に接着剤を塗って、プラ板を接着します。

RIMG5858.jpg

接着剤が硬化したら、縁にマスキングテープを貼り

RIMG5862.jpg

ライトセメントを塗ります。

RIMG5864.jpg

テープを取って乾燥を待ちます。

1ミリ余りの段差が気になったので、きっちり補修しましたが、よくよく考えれば
この後まく予定のパウダーで盛り上がるため、あまり必要のない作業でしたww

RIMG5865.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

川沿いの風景を作る インターロッキングに色を塗る

今回はインターロッキングに色を付けます。

マスキングして

RIMG5870.jpg

エアブラシで色を塗りました。

実物はグレーのようですが、私はベージュとオレンジ系です。
下手は下手なりに、ぼかしてみました(^^;)

RIMG5873.jpg

少し明るくなりすぎたようですが、これには訳があります。。。

RIMG5874.jpg

インターロッキングの目地を暗い色に塗るためです。

KATOのアンダーコートを薄めたのを塗ってみました。
水性なので乾く直前に拭き取れば、目地だけ染まる筈です。

RIMG5876.jpg

とりあえず試作 1回目

目地が染まったと言えば、染まったような気もしますが。。。
絵の具を薄めすぎたかな(^^;)

RIMG5882.jpg

今度は斜面に芝生を植えます。

石垣を汚さないようにマスキングしてパウダーを撒き、ボンド水で固めました。

RIMG5883.jpg

パウダーが乾いたところです。

インターロッキングの目地には、グレインペイントを擦り込んでみました。

RIMG5932.jpg

次回は細部の仕上げです(^_^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

川沿いの風景を作る フェンス製作編

今回はフェンスを設置しようと思います。

作るのは画像のような、コンクリート製の擬木(ぎぼく)フェンスです。

RIMG5559.jpg

作るといっても、自作ではありませんw
TOMIXの柵の流用です。
廃レールを使った設定なのか、イメージとは少し違いますが、自作するスキルもないので(^^;)

一番上のがトミックスのデフォです。
実物を真似て、上の出っ張りをカットしています。

色を塗ればそれらしくなりました。

RIMG6038.jpg

ベースにドリルで穴を開け接着します。

斜面も気にせずに取り付けます。
いや、本当は傾斜に合わせて自作したいのですがww

RIMG6040.jpg

手抜きでも、結構いい感じに(^^)

RIMG6044.jpg

次回は花壇を作ろうと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

川沿いの風景を作る 花壇製作編

今回は、広場に花や木を植えます。

使うのはウッドランドシーニクスのパウダーです。
スーパーキッズランドで 黄、赤、白、橙 の4色セットが420円でした。
ホビーセンターカトーが輸入元らしくシールが貼ってあります。

なにやら三ヶ国語で注意書きが書かれていますが、読めません。。。
まぁ、口に入れなければ大丈夫でしょうww

RIMG6054.jpg

まずはベースに、トミックスのライトグリーンを撒きボンド水で固めます。

RIMG6057.jpg

ボンド水が乾いたらパウダーの出番です。
少しずつピンセットでつまみ、ちりばめます。
青系もあればいいのにな。

画像はボンド水を撒いたところです。
まだ湿っているので、色がくすんでいます。

RIMG6059.jpg

最後に木を植えれば、公園の完成です(^^)

RIMG6061.jpg

芝生の広場には木と共に、植え込みも作ってみました。

RIMG6063.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

川沿いの風景を作る バラストを撒く

引き続きこの周辺を仕上げるために、しばらく放置中だった線路にバラストを撒きます。

今までグレー系とブラウン系を中心に使ってきましたが、今回初めてベージュ?系を使ってみます。
使うのは KATOの24-330 明灰色です。

大きさはとにかく細かいです。
各社からバラストが発売されていますが、細かさでは一番かな??

ガイドレールの隙間にバラストが入らないようにマスキングし、バラストを撒いていきます。

スケール的にはこれくらいの細かさが合っているのでしょうが、丁寧にボンド水を撒かないと
勢いで流れてしまいそうです。

RIMG6070.jpg

我が家のレイアウトは、フレキシブルレールの下に騒音防止のため2ミリのコルクを貼っているため、
場所によってはバラストが4ミリ近くの厚みになっているところもあります。

そのためバラストがたくさん要るのは当然ですが、このような小粒のバラストの場合、
とにかくボンド水を撒いても撒いても下の方に浸透するだけで、なかなか固まってくれません。
今回も撒いては乾かしを繰り返し、完全に固定するまで2日間必要でしたw

いつもこの作業の後、複線の間をライトセメントで下塗りし、かさ上げしようと思うのですが、
学習能力がありませんね。。。

やっと固まったバラストを、エアブラシで塗装していきます。

RIMG6071.jpg

MRカラーのダークアースを主体にグレーとフラットベースを加えました。

RIMG6074.jpg

ここで、この日の夕食です。

九州新幹線 全線開業記念の「九州新幹線さくら弁当」です。
子供が近くのスーパーで買ってきました。

RIMG6093.jpg

たま駅長の湯呑みは別売です(^^)

RIMG6096.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

川沿いの風景を作る ドイツの草?

今回は、この画像に写っている区間に草や木を植えたいと思います。

RIMG6075.jpg

まずは線路沿いにパウダーを撒いてボンド水で固めます。

パウダーは多分トミックスのだと思いますが、銘柄は不明です。
在庫一掃も兼ねて、手当たり次第に撒いていきました。

RIMG6078.jpg

続いてKATOのフォーリッジクラスターを、木工ボンドで貼り付けていきます。
所々にコースターフやライケンもちりばめます。

RIMG6079.jpg

結構細かくちぎったので、1時間に10センチくらいしか進みませんww

斜面に余裕があるところには、KATOの広葉樹も植えてみましたが、この画像の角度だと
判りにくいな。。。

RIMG6084.jpg

線路際には雑草を植えます。

これもスーパーキッズランドで手に入れたけど、なんて書いてあるのか判りません。
普段は説明書なんか読むことはない私ですが、いざ読めないとなると気になります。。。

日本で売るなら、日本語で書いて(-_-)

RIMG6085.jpg

木工ボンドを塗ってふりかけます。
取れないように、指で軽く押さえておきました。

日本もドイツも、草に変わりはありませんね(^^)

RIMG6086.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村