2011年03月 の記事一覧

田んぼを作る その2

ベニヤ板から田んぼを切り出します。
これを何枚か重ねて棚田にします。

RIMG5413.jpg

予定より大きくなった分だけ地面を削ります。
棚田にしたいので、かなり掘り下げないといけません。

RIMG5415.jpg

1段目の裏に接着剤を塗って貼り付けます。

RIMG5417.jpg

水平を確認します。

RIMG5418.jpg

作業のしやすい工作室で田んぼを作ります。
ベニヤ板を接着しました。

RIMG5422.jpg

紙粘土で畦を作ります。
接着力がアップするように木工ボンドを塗りました。

RIMG5423.jpg

コテで紙粘土を塗ります。

今回初めて手芸用の紙粘土を使いましたが、延びが良くて使いやすいです。
普通の紙粘土と全然違いますね。
それと、軽量タイプの紙粘土はレイアウトには向いてないと思います。
以前使って、ひび割れがひどく大失敗しました(^^;)

農作業の経験は無いので、勝手にイメージを膨らませて塗っていきます。
時間はかかるけど、結構楽しい(^o^)

RIMG5425.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

田んぼを作る その3

畦が出来ました。

最初の計画では1段目の畦は、レイアウトに固定してから作るはずでしたが、
予定を変更して工作室で作りました。
この方が作業が捗ります(^o^)

RIMG5427.jpg

色を塗る前に田んぼの型紙を取っておきます。

RIMG5431.jpg

グレインペイントで畦を塗ります。

RIMG5433.jpg

さらにアンダーコートのアースとグリーンで色を付けます。
あまり変化はないですねww

RIMG5434.jpg

次は稲です。
近くのホームセンターに人工芝を探しに行きました。
目の粗いのは何種類もありましたが、毛足が短くて目の詰まった人工芝は少ないようです。

とりあえず一番条件に近い、90センチ幅で毛足が7.5ミリの人工芝を20センチ分
236円で買ってきました。
切り売りなので10センチだけでも大丈夫のようでしたが(^^;)

家に帰って、先に作っていた型紙で人工芝を切り抜きます。

RIMG5455.jpg

切り口がほつれないようバラストに使うボンド水を染みこませ、裏地も黒かったので茶色く
塗ります。

RIMG5457.jpg

最後に畦にパウダーを撒きました。

RIMG5464.jpg

画像にしてみると、いろんな細かいことが気になってきます。
稲の太さや、人が踏むところの表現とか。。。

もう少し改善しないと(^^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

田んぼを作る その4

田んぼが出来ました。

RIMG5462.jpg

前から思っていましたが、稲が少し長すぎるようなw
毛足が7.5ミリの人工芝なので、実物に換算すると1.1mですからね。

稲が短く見えるように、畦をもう少し高くしても良かったな。。。

RIMG5466.jpg

田んぼを接着します。
人工芝はいつでも交換できるように接着せずにおきます。

RIMG5467.jpg

隙間をライトセメントで埋めます。

いつものことながら、作業の順番が無茶苦茶ですね。
まぁ、その分色々と楽しめますが(^^;)

RIMG5469.jpg

とりあえずこんな感じで。

奥のスタイロがむき出しのところは、ここが終わったら畑にしようと思います。

RIMG5470.jpg

乾燥を待つ間に橋を架けます。

グリーンマックスの橋と小舟セットの一番小さいやつですが、これでも農道には広すぎます。

RIMG5498.jpg

軽トラサイズに加工しました。

欄干も立派すぎますが、お寺の参道の名残とか、都合のいいように解釈して
このまま使うことにします(^o^)

RIMG5500.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

田んぼを作る その5

橋が出来たのでベニヤ板で橋桁を作り、ホットボンドで接着しました。

RIMG5503.jpg

色を塗るのは後回しで。。。

RIMG5504.jpg

ここで先日カメラの西本さんのジオラマ製作教室で、
講師の方に教えていただいたことを試してみようと思います。

画像を見ておわかりのように、半田ごてで田植えの模様?をつけます。

ビニールを溶かすので、換気扇を回しながらでないと部屋中に臭いがこもります。
曲線なので結構難しい。

RIMG5541.jpg

一番下のはちょっと失敗ですね。
後で作り替えます(^^;)

RIMG5546.jpg

以上で田んぼも製作はひとまず終わりにして、今度は畑を作ります。

棚田の時のように型紙からベニヤ板を切り出します。

RIMG5506.jpg

2段だけですが、段々畑にします。

RIMG5507.jpg

またまた紙粘土で畦を作ります。

RIMG5508.jpg

もっと何枚にも分けた方が作り甲斐はありますが、程々に。。。

RIMG5510.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

畑を作る

前回作った畑に色を塗って接着します。
こんな感じのお菓子があったような(^^;)

RIMG5531.jpg

隙間をライトセメントで埋め、硬化前に少し湿らせた筆でコテ跡を消します。

RIMG5532.jpg

一晩乾燥させ、グレインペイントやKATOのアンダーコートで色をつけます。

RIMG5534.jpg

削ったままのバラストも補修しないと。

RIMG5535.jpg

今度は畝を作ります。
普通はダンボールで畝を作るようですが、偏屈な私は違うやり方を考えてみましたw

紙粘土を薄く1.5ミリくらいに延ばします。

RIMG5573.jpg

3ミリくらいの幅に切ります。

うどんの出来上がりですw
本当に食べたらお腹を壊しますね。

RIMG5574.jpg

ベニヤにボンド水を塗って接着しますが、思ったほど簡単では・・・

心の中では「ダンボールにしておけば良かった」と後悔し始めていますww

RIMG5576.jpg

片方だけ貼り終えました。
人が通るところを狭くできたので、ダンボールより良いかな(^^;)

一晩乾燥させて、ヤスリで修正しようと思います。

RIMG5579.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

新しい命

未曾有の大災害から1週間が経ちました。

多くの方がお亡くなりになり、今なお安否が不明な方も沢山いらっしゃいます。
子を持つ親の一人として、幼い命も失われたと思うと目頭が熱くなります。

住まいを失い、余震におびえながら、眠れない夜を過ごされている方も沢山居られると思います。

そして原発トラブルで噴出した、この国の危機管理能力の欠如

さらに近い将来、私の住む地域も大地震に襲われるとの予測


地震発生以来、ブログの更新どころか好きな工作さえも手をつける気にはなりませんでしたが、
私自身も少しでも元気を取り戻せるよう、不謹慎とは思いますが、少しずつでも
以前のペースに戻していきたいと思います。


atarasiiinoti.jpg

畑を作る その2

紙粘土が乾燥したのでアンダーコートで色を塗りました。
下手くそな歪なラインが、ダンボールと違った雰囲気を出しています(^^;)

RIMG5587.jpg

ここまで来れば、もう片側も紙粘土で作るしかありませんw

2回目なので手早くできました。

RIMG5588.jpg

ドライヤーで乾かしながら色を塗ります。

RIMG5589.jpg

畦や道路にボンド水を塗りパウダーを撒きました。

雑草を表現しようとKATOのフィールドグラスも購入済みですが、どうも使い方がイマイチ不明で・・・
もっと作り込んで、最後の仕上げに試してみたいと思います。

RIMG5590.jpg

次は畝に野菜を植えてみます。

イメージはキャベツか白菜か特に決めずに適当に。。。
野菜嫌いなものでw

畝に筆で木工ボンドを塗り、KATOのフォーリッジクラスターをちぎって接着しました。
同じくKATOのコースターフも試してみましたが、ちぎる手間は省けるものの細かすぎて、
結局フォーリッジクラスターに落ち着きました。

RIMG5593.jpg

もう少し細かくちぎっても良いのではと思いつつ、片面が終わってしまいました。
あまり小さくすると、時間がかかって仕方ありませんからねw

RIMG5596.jpg

嫁に黒いビニールのゴミ袋をもらいました。

決して「レイアウトを捨てろ」と言われたわけではありません。
試作品の素材です。

ゴミ袋を小さく切って両面テープを貼りました。

RIMG5600.jpg

これを幅3ミリほどに切って、畝に貼り付けます。

畑でよく見る黒いビニールですね。
ただ、余り真っ黒も変なので、少しつや消しっぽく塗装してみました。

RIMG5602.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

畑を作る その3

黒いビニールの上にフォーリッジクラスターを接着しました。

ニヤニヤしながら、ピンセットでスポンジの粒をつまんで接着するオッサン
不気味です(^^;)

余談ですが、この黒いビニールはマルチと呼ぶそうです。
検索件数が多いのか「畑 くろ」と入力するだけで「畑 黒いビニール」と予測変換されました。

RIMG5603.jpg

キャベツ???

RIMG5604.jpg

下側の畑も同じように作りました。

RIMG5606.jpg

最後は左下の部分です。
畑でよく見かける、棒を立ててツル状のもの?を植えているのを再現したいと思います。
上手いこと出来るかな。

ホームセンターで真鍮棒を買ってきました。

RIMG5633.jpg

配線の半田付けは経験ありますが、このような作業は初めてです。
試しに作ってみましたが、半田が固まりになって上手くいきません・・・

棚田の人工芝を溶かした時に、コテ先を焦がしたからなと、道具のせいにしますw

RIMG5635.jpg

以前、どこかでフラックスという液を塗ればいいと書いていたのを思い出し、
またホームセンターで買ってきました。

フラックスを少し垂らしコテ先を当てると、半田がスッと広がっていきます。
まるで自分の腕が上がったかのようですww

RIMG5666.jpg

右がフラックスを塗って作った方ですが、まだまだハンダを盛りすぎですね。
次回作に期待しましょう。

RIMG5668.jpg

フラックスを水洗いして塗装後に、フォーリッジクラスターを接着しました。

キュウリのつもりですw

RIMG5670.jpg

トミーテックの人形を置いてみました(^o^)

RIMG5677.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村