2011年02月 の記事一覧

バラストを撒いた 踏切舗装編

今回は、踏切を舗装して道路を開通させたいと思います。

我が家のレイアウトは、市街地の道路にはプラ板やベニヤ板を使用していますが、
今回のような田舎の道路は、ライトセメントをコテで塗って製作しています。
このやり方のほうが私には、高低や幅が自由に製作でき、デコボコした舗装も作りやすいからです。

まず、汚れたら困るところをマスキングします。
ガイドレールの両端には、ライトセメントが溢れないようにプラ棒を接着しました。

RIMG5098.jpg

堅めに練ったライトセメントを、下地に擦り込むように塗ります。

RIMG5099.jpg

土手は一度で仕上げるのは無理なので、大まかに形を作っておきます。

RIMG5101.jpg

踏み板は薄塗りなので、扇風機で風を当てると、30分余りで
マスキングがとれるようになりました。

RIMG5102.jpg

完全に硬化しない内に、車道の端に枕木を埋め込みます。

RIMG5103.jpg

ガイドレールの隙間が少し?大きいようですが、
これで、この区間にもバラストが撒けるようになりました。

RIMG5115.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マルタイがやってきた

先日3年近く使った携帯を買い換えました。

関西が資本と宣伝している某家電量販店で購入したのですが、
家族用など数台まとめて買ったので、結構な額のポイントがつきました。

そこで、江戸っ子ではありませんが、宵越しの金を持たない主義の私は
その日のうちに同じ系列のネットショッピングで、以前から欲しかったものを購入することにw

1.jpg

子供に見つからないように時間指定です。

2.jpg

箱の中身は、ホビーセンターカトーで発売されている プラッサー&トイラー社
7-32形 マルチプルタイタンパーです。

3.jpg

ネットショッピングのレビューにも書かれているように 1/160で少し小さめですが、
十分な存在感があります。

説明書が付いていますが、読めませんww

4.jpg

裏側もリアルです。
ウエザリングをしてみたいけど、下手だからねぇ・・・

5.jpg

画像には写っていませんが、さらに手摺のようなものが付くらしく、同封されていました。

ただ、せっかく細部まで作り込まれているのに、このカプラーは何とかなりませんかね・・・
いっそ、外してしまった方がいいかもしれませんが、
価格が価格なので手をつけることが出来ませんw

どなたか詳しい方、どこのカプラーと交換できるとか、ご存じでしたら教えてくださいませ。

子供が塾に行っている間に試運転を(^o^)

6.jpg

かなりゆっくりですが、走行します。
12V近くかけて普通のスローくらいです。
そのくせ、よく見るとギクシャクしています(^^;)

壊れたらいやなので、これくらいに。。。

7.jpg

子供が帰ってこないうちに、隠しておきます。
念のため、デジカメのデータも消しておきました。

学校から帰って、このブログをみたら家中を探しまわることでしょうш(* ̄∇ ̄*)шケケケ・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ガイドレールをつけた

前々回 「バラストを撒く準備が出来た」と書きましたが、バラストを撒く前に
以前から試したかったガイドレールを設置してみようと思います。

これまで、正しい名称を知らないまま「ガイドレール」と思っていましたが、
この記事を書くのに調べてみたところ、
脱線防止ガード、護輪軌条、ガードレール、補助レールなど鉄道会社によって
呼び名はまちまちなようです。

特に2番目の「護輪軌条」など、なんて読むのか読み方さえも解りませんw

ググってみたら「ごりんきじょう」と読むらしいですが、
なんかお経の文字のように見えます。

いったいどれが良いのか?
結局、ここでは以前と変わらずガイドレールと呼ぶことにします。。。

では、ガイドレールの取付です。
使用するのはフレキシブルレールの端材です。

RIMG5116.jpg

試しに線路の上にレールを置いてみると、犬釘とガイドレールの逆T型部分が当たって
2ミリほど隙間があいてしまいます。

いくら何でも、これは格好悪い・・・

RIMG5117.jpg

隙間を小さくしようと犬釘を削ることも考えましたが、レールがはずれると困るので、
手間はかかりますが、ガイドレール裏側の犬釘が当たる部分を削ることにしました。

まずはガイドレールに犬釘の位置をけがきます。
レールにガイドレールを沿わしてマジックで印を付けました。

フレキシブルレールの枕木の間隔は、カーブによって微妙に違うので、
犬釘の位置も現物合わせで加工しなければいけません。

RIMG5120.jpg

印を付けたところに、ハンドグラインダーで切り込みを入れます。
勢い余って切断しないように、はもの骨きりのごとく、皮一枚残しますw

見えにくいので、顔を近づけて切りたいけど破片が飛んでくるので、注意が必要です。
ほとんど感覚だけで切っています(^^;)

RIMG5122.jpg

何とか切れました。

RIMG5125.jpg

レールとガイドレールの隙間を確認します。

切り込みを入れたため、ガイドレールに歪みが出たようです。
レールと平行になるように何度も調整しました。

トンネルの入り口が白くなっているのは、枕木より高くなっていたバラストを削った跡です。

壁が邪魔をして手が逆手になるので、作業しにくいなぁww

RIMG5126.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ガイドレールをつけた その2

ガイドレールが綺麗に曲がったので、ゴム系接着剤で接着しました。
レールとの隙間は1ミリくらいで、最初よりずいぶんましになりました。

これより狭くは、レールの逆T型部分が干渉するし、
もし出来たとしても、フランジが擦れて抵抗になるかもしれません。

RIMG5128.jpg

試運転です。
引っ掛かりもなく無事に終了しました(^o^)

かまぼこ型の踏切にすれば良かったな・・・
ちょっと悔やまれますが、都合の悪いことは忘れることにしますw

RIMG5132.jpg

次は、この区間にバラストを撒きます。

ガイドレールにバラストが詰まると大変なので、マスキングしました。

RIMG5134.jpg

ブラウンとグレーのバラストを撒いていきます。

RIMG5136.jpg

バラストを撒き終わったら、石けん水で湿らせてボンド水で固めます。

RIMG5137.jpg

乾燥を待つ間、内回りの橋にもガイドレールをつけました。

RIMG5138.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

19回目の結婚記念日

1週間遅れですが、19回目の結婚記念日を祝い、家族で外食に行って来ました。

今年は忘れないで覚えていましたw
以前は「今日は何の日?」とかよく聞かれました。
ひどい時は、昨日とか一昨日とか_| ̄|○

ちなみに19年目の結婚記念石はジルコン?とか。
バラストだったらたくさん持ってるんだけどねぇ(^^;)

嫁はお洒落なフレンチが好みだけど、私は根っからのB級グルメ好き。

そんな好みが正反対な夫婦が訪れたお店は、しゃぶしゃぶと日本料理の木曽路さんです。

CA3I0001.jpg

殆ど私の独断で選びました。
焼き肉屋よりマシでしょうw

CA3I0002.jpg

私と子供はしゃぶしゃぶで、嫁は懐石を注文です。

CA3I0005.jpg

本当は、食べ放題とかあれば助かるんですが。。。

CA3I0007.jpg

嫁にはいつも苦労ばかりかけているので、節目の年となる来年はどこかに行きたいですね。

ここはひとつ、埼玉の鉄道博物館にでも行きますか(^o^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

南海12000系 甲種輸送

年始より隔日の更新でしたが、今回は臨時の更新ですw

本日早朝、子供と一緒に南海12000系 甲種輸送の見学に行って来ました。

5時前に起床して車を飛ばし、目的の駅に向かいます。

最初は和歌山駅です。
12000系は5番線で待機中でした。

到着してすぐに機回しが始まりました。

RIMG5260.jpg

宅急便の伝票?のようなものww

RIMG5265.jpg

輸送用の連結器?です。
吊り目なのは最近の流行なんでしょうか?

RIMG5268.jpg

機回しが完了しました。

RIMG5272.jpg

次は紀和駅まで移動しました。

同業者の中に、うちの子供の同級生の姿も・・・
恐るべし、子供ネットワークww
今日は小学校は休みなんか?
授業中に居眠りしても知らないぞ

程なく、遠くの方からエンジン音が。。。

カメラを構えるも、ドドドドドー と走り去っていきます。

下手なんだから、撮影しやすいように止まってくれよな(-_-)
文句を言っても始まりませんが。。。

RIMG5278.jpg

運用が始まる秋が待ち遠しいなぁ。
日本橋へ買い出しは、行きが225系で帰りはサザンで決まりになりそうです。

RIMG5267.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


脱線対策 ファイナル

前回、前々回とレイアウト製作とは関係ない記事が続きましたが、今日から工作の再開です。

ガイドレールがつきバラストを撒いたので、線路らしくなりました。

RIMG5146.jpg

ガイドレールですから、実車同様、脱線の防止に効果があるはずで、
この先の脱線が頻発する区間にも取り付けてみようと思います。

青は上のガイドレールで、ピンクは今後取付予定のところです。
それから、作業ついでに、このループ線の複線間隔を、もう少し狭くしてみようと思います。

ちなみに黄色は、去年末に取り付けたTOMIXのリレーラーレールです。
これも今回の作業の結果次第で撤去する予定ですww

あ、それと真ん中の青い輪っかは、直径45センチのバケツの底をカットしたものです。
普段、ここから身を乗り出して作業しています。

最終的には湖になる予定ですが、このペースだと何時のことやら。。。

RIMG5148.jpg

テープを貼った区間にガイドレールを設置します。
前回同様、犬釘の位置をけがき、ハンドグラインダーで切り込みを入れました。

RIMG5166.jpg

慣れもあって、従来比120%UPの出来ですw

トンネル出口から下り坂途中の、さらに沈み込んでいる箇所も
脱線の原因になっているのかも知れません。
ここを平坦にしてみようかとも考えましたが、こういう変化に富んだ形状こそ、
フレキシブルレールの醍醐味と思っているので、今回は手をつけないでおきます。

RIMG5193.jpg

リレーラーレールの機能を持たそうと、進入側の間隔を広い目にとってみました。

RIMG5194.jpg

本当に脱線の防止に効果があるのか、試運転を繰り返します(^o^)

RIMG5196.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

脱線対策 ファイナル その2

相変わらず車両によっては、トンネル内で脱線をするときがあります。
お寺の下にトンネルを掘った祟りかも知れませんが、このまま放ってはおけませんw

RIMG5205.jpg


レールの下にプラ板を挟んで、カントの調整をしては試運転を繰り返します。
トンネルの点検口が15x7.5センチと小さいため、片手しか入らないので大変です。

トンネルを作る時に十分確認して、当時は問題なかった筈なんだけどねぇ。。。

RIMG5210.jpg

やけくそになり、トンネル出口にもガイドレールを設置しました。

RIMG5212.jpg

今度は鉄橋下で脱線事故発生です!
ガイドレールの隙間が小さかったためにフランジが乗り上げたようです。

マイナスドライバーで隙間をこじって修正しました。

RIMG5213.jpg

殆ど迷走状態で、心が折れかかってますが、まだまだ挫けません(^^;)

次は最後の手段で、トンネルの中にもガイドレールを設置します。
当然、片手しか入らず作業性が非常に悪いため、これまでのように
犬釘部分の逃げ加工で、ガイドレールの隙間を狭めることは出来ません。

そこで、どの程度の隙間までガイドレールとしての効果があるのか、
フレキシブルレールの端材で簡単なモデルを作り実験しました。
ちなみに、レールはPECO SL300 コード80です。

ガイドレールを犬釘に沿わした状態で、レールとガイドレールの隙間は1.5ミリ程度です。
いわゆる「せり上がり脱線」を再現しています。

外側のフランジがせり上がり、レールの上に乗っていますが、内側のフランジが
ガイドレールに引っ掛かり、脱線には至っていません。
てか、この状態を脱線というのかも知れませんがww

RIMG5214.jpg

この隙間をもう少し小さくできたら、せり上がり自体を防げるはずです。
そこで、今までとは違った方法で、ガイドレールを加工し取り付けてみようと思います。

例のごとくフレキシブルレールの端材を加工します。
が、今回はハンドグラインダーで、逆T型の片側を削り落とし、
L型に加工することにします。
犬釘の当たる箇所を部分的に削るのでなく、レール全長を削ってしまおうと言うわけです。

ただ、レール底部の面積が減るので、枕木への接着力の低下が心配ですが、
とりあえず行動に移すことにしました。

削りやすいようにレールを木片に貼り付けます。

RIMG5236.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村