カテゴリ:土木 の記事一覧

たま電車


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
地下道

町中駅から山中駅方面に向かう道路は、単線の町中電鐵と交差するため地下道を作っています。
最初は踏切のつもりだったのを後から立体交差に変更したので結構苦労しました。

壁面は厚紙で作り、地表はセメント系の補修材(20kで1500円くらい)で成型しています。
いろいろなところで紹介されている石膏、プラスター、紙粘土に比べて安いのでおすすめです。




スポンサーサイト

山に木を植えた

仕事がまだ本格的に始動していないので、時間調整(サボる)して
少しだけレイアウト作りをすることが出来ました。

長年、セメントに色を塗っただけの山でしたが、今回ついに木を植えることに!
まず、線路沿いを崖の岩盤っぽく 、グレインペイントの浅灰色と深灰色で
着色しておきます。

RIMG4797.jpg

次に、KATOのフォーリッジクラスターを適当な大きさにちぎって、木工ボンドで
貼り付けていきます。
単調にならないように、所々にコースターフやライケンも使っています。

大きさはこれくらいかな?
隙間はこれくらいかな?
自問自答しながらやりましたが、難しいというかセンスが問われますね。。。

お寺の雰囲気がでるように、トミーテックの竹も植えてみました。
手持ちが1箱しかなかったので仕方ないのですが、もう少し欲しいな。

RIMG4800.jpg

竹藪って奥の方は古い竹で、色が違うのを表現しようと缶スプレーで軽く色を付けたけど、
あまり変わってないかな?

RIMG4818.jpg

以上、途中子供の同級生たちが車両持参で遊びに来たので中断したり、
2日に渡っての作業でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

橋を架ける

お寺がほぼ出来上がってきたのに、参道が有りませんでした。
そこで遊園地の裏の川に橋を架けて、道路を作ることにします。

トミーテッククの橋D です。
グリーンマックスの橋は、ここに使うには幅が広すぎるので、こちらを使うことに。

RIMG4896.jpg

箱は大きいけど、中身は小さな橋が2個だけです。。。
同じメーカーの他の製品と比べても少し割高かな?

まず、土手を削って橋脚を接着します。

RIMG4898.jpg

こんな感じで道路を作ります。
踏切ではつまらないので、地下道がいいな。

RIMG4900.jpg

ザクザクと、ラジオペンチでトンネルを掘ります。

RIMG4903.jpg

いつの間にか、橋から地下道の話になっちゃいましたww

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

地下道を作る

前に作った都会風の地下道のような大げさなものでなく、
ローカル風の高さ制限があるような地下道?にしたいと思います。

スタイロフォームの屑を掃除機で吸い取って、表面をきれいにしておきます。
ちょっと大きく掘りすぎたかもw

RIMG4905.jpg

地下道の壁を作ります。
グリーンマックスの石垣Cを台形に切ります。
菱形のプラ板は、壁の基礎になる床板用です。

RIMG4908.jpg

壁と床板を線路の下に接着します。
眺めてみると、やっぱり、橋桁が無いと変だな。

RIMG4911.jpg

もっと短いスパンだとレールだけの橋も有ったと思いますが、
これは、ちょっと広すぎるので簡単な梁で支えることにします。

H型のプラ棒は持ってないので、3ミリプラ棒を赤錆色に塗って接着しました。
手抜きですが、最初よりは大分ましになったかな?

RIMG4931.jpg

ついでに、線路の手前は1ミリプラ板で、向こう側はグリーンマックスの落石防止柵で
擁壁を作っておきます。
落石防止柵は裏側に切り込みを入れて曲げました。

RIMG4933.jpg

最後にお寺の駐車場を作るために、石段の手前を思いっきり掘り下げました。

RIMG4935.jpg

以上でセメントを塗る準備は完了です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村




道路を造る

下地が出来たので、道路や駐車場を作ります。

まず、スタイロフォームに水で薄めた接着剤を塗ります。
使うのは左官屋さん用の接着剤です。
木工用ボンドど色や臭いが一緒なので、無ければ木工用ボンドでも問題ないかな?

RIMG4936.jpg

ライトセメントです。
これに先ほどの接着剤と水を加えて固い目に練ります。

RIMG4937.jpg

あとはコテでペタペタと塗るだけです。
剥がれないように、スタイロフォームの穴に擦り込むように塗っていきます。

RIMG4939.jpg

とは言うものの、小さいので塗りにくい・・・

せっかくの石垣の目地を汚したら元も子もないので、ここは慌てずにじっくりと時間をかけます。
ちなみに汚れたところは、少し水を含ませた刷毛でこすると綺麗になりました。

隙間の大きな所は、スタイロフォームの屑を詰めながら塗っていきます。

RIMG4940.jpg

一度に仕上げようとせずに、大ざっぱに塗ってから1、2時間後の表面が固くなった頃に
コテで均すと綺麗になりました。

道路以外のところは、水を含ませた刷毛で撫でると、コテの跡が消えて見栄え良くなります。

RIMG4942.jpg

今回は主に、道路と駐車場を製作しました。

道路と土手の角になる所を同時に塗るのは難しいので、土手の斜面の製作は
次回にしたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村