カテゴリ:山 の記事一覧

山に木を植えた

仕事がまだ本格的に始動していないので、時間調整(サボる)して
少しだけレイアウト作りをすることが出来ました。

長年、セメントに色を塗っただけの山でしたが、今回ついに木を植えることに!
まず、線路沿いを崖の岩盤っぽく 、グレインペイントの浅灰色と深灰色で
着色しておきます。

RIMG4797.jpg

次に、KATOのフォーリッジクラスターを適当な大きさにちぎって、木工ボンドで
貼り付けていきます。
単調にならないように、所々にコースターフやライケンも使っています。

大きさはこれくらいかな?
隙間はこれくらいかな?
自問自答しながらやりましたが、難しいというかセンスが問われますね。。。

お寺の雰囲気がでるように、トミーテックの竹も植えてみました。
手持ちが1箱しかなかったので仕方ないのですが、もう少し欲しいな。

RIMG4800.jpg

竹藪って奥の方は古い竹で、色が違うのを表現しようと缶スプレーで軽く色を付けたけど、
あまり変わってないかな?

RIMG4818.jpg

以上、途中子供の同級生たちが車両持参で遊びに来たので中断したり、
2日に渡っての作業でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

崖を作る お菓子のワッフル?

トンネルの次は、この崖の工作です。

ここも私なりに工作を楽しめる方法を考えてみました。

RIMG6851.jpg

で、出した答えはこの画像です。
連休にサイクリングに行った時に撮影した、雄ノ山峠の風景です。

お菓子のワッフルにそっくりですが、崖崩れを防ぐための補強で、法枠工法と言います。

今回は、これに挑戦してみようと思います(^^)

RIMG6653.jpg

すぐに出来るだろうと軽い気持ちで、2ミリプラ棒を曲げながら貼り付けていきます。
正面からの画像なので解りにくいですが、それなりにデコボコがあり結構苦労しています。
プラ棒を見る角度により傾いて見えるので、微妙な調整が必要です。

接着剤はゴム系接着剤ですが、補助的に瞬間接着剤も使いました。

RIMG6853.jpg

実物の寸法は測ってないけど、Nゲージサイズだとこんなもんでしょ(^^)

休みの日に朝から工作を始めて、昼前でここまで。。。
思ったより時間が掛かります。

肩が凝ってきたw

RIMG6857.jpg

気分転換に、子供とカメラの西本さんに遊びに行きました。

左に小さく写っている103混色編成のオレンジは、うちの子のお手製です(^^;)
私に「エアブラシで塗装して」って言うのを無視していると、自分で筆で塗ったようです。
アップで見れば大笑いしますww

RIMG6872.jpg

夕方から工作を再開しました。

プラ棒 数本で一日楽しめました。
財布には優しいけど、進みませんね(^^;)

RIMG6873.jpg

横から見れば結構いい感じです(^^)

RIMG6876.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

崖を作る 法枠工

今回も法枠工の続きで、崖にタミヤの2ミリ角棒を接着します。

おおよその長さにニッパーで切り、棒ヤスリで微調整しながら接着しています。

先日まで作っていたお寺や川は、ずっと立ちっぱなしの作業だったので疲れましたが
今はイスに座れる分だけマシかなと思いながら手を進めます(^^;)

あと少しです。

RIMG6894.jpg

やっと終わりました。

RIMG6897.jpg

でも、これだけだと少し物足りないので、もう少し増やすことにしますw

RIMG6902.jpg

右側に新たに追加した部分は、「かつてこの先ずっと法枠工が続いていたけど、
道路の拡幅工事に伴い撤去した」ってことにしておきます。。。

RIMG6903.jpg

左側にも2ミリ角棒を接着します。

今度こそ、あと少しですw

RIMG6905.jpg

やっと終わりました(^^;)

RIMG6906.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

崖を作る セメントの質感

今回は法枠工の塗装です。

RIMG6909.jpg

塗装ですが、私の腕前では実物のようなモルタルを吹き付けた質感は絶対に無理ですw
そこで、いつも地面作りに使うライトセメントを塗料の替わりに塗ってみようと思います。

まず始めに、プラ棒の白が目立たないよう、下塗りにMRカラーのライトグレーを塗ります。

RIMG6915.jpg

ライトセメントには骨材として、砂の替わりに軟らかい樹脂の粒が含まれています。

この粒はコテで塗る時は、いい具合に潰れて塗りやすいのですが、今回のような筆塗りでは
粒が潰れずに残ってしまうため、ふるいで取り除いておきます。

RIMG6919.jpg

ふるい分けた細かい方をボンド水で溶いて、筆で塗っていきます。

斜面とプラ棒に隙間が有ったので、ついでに埋めてしまいます。

RIMG6920.jpg

塗り終わりました(^^)

湿っているので変な色ですが、乾燥すれば良くなるはず???

RIMG6921.jpg

扇風機で風を当てると、1時間ほどで乾燥しました。

RIMG6926.jpg

実物と同じセメント系なので、良い感じに仕上がりました(当社従来比)

RIMG6927.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村