カテゴリ:住宅 の記事一覧

駅前の町並みに悩む

今回から、町中電鐵 西山中駅周辺の工作を始めます(^^)

実はここ数日、空き地に色々な住宅を並べ、綺麗な町並みになるようあれこれ悩んで
いるのですが、全く良い案が浮かばず工作が止まったままになっているんですw

RIMG9374.jpg

無い知恵をいくら絞っても良い案が浮かぶわけないので、もっと建物を増やそうと、駅前に
使えそうなトミーテックの建物を買ってきました。

私的にはもっと現在風のほうが嬉しいんだけど、他に良いのは売ってないしねぇ。
それと、イチから作るのはもうこりごりなので(^^;)

RIMG9384.jpg

建物が増えたら増えたで、余計に悩み出しました。

我ながら、センス無いなw

RIMG9388.jpg

理想は、複線線路沿いのバイパスと駅前の旧道の、2本の道路が延びる風景なのですが、
踏切への道路も作りたいし、ちょっと欲張りすぎなのかもしれません。。。

RIMG9393.jpg

駅前の変形な土地を、自転車置き場と公園にすれば、上手く収まりそうかな???

RIMG9397.jpg

きりがないのですが、もう一日ゆっくり考え、他に良いのが思いつかなければ、これで進めて
いきたいと思います(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

駅前の工作を始める

工作室の在庫に、トミーテックの建売住宅が有ったのを思い出したので組立ました。

外箱を見る限り、垢抜けたスッキリしたデザインのようで楽しみにしていたのですが、
いざ組立てみると予想より少し大きすぎました(^^;)
残念ですが、今回の使用は見送ることに、、、

RIMG9402.jpg

悩んでもキリがないので、前回のプランで工作を始めます。

最初に工作するのは、駅前のカドに建つ建物です。
ラウンジ枝とかマドロスとかって突っ込みどころ満載ですww
どちらの建物もキットのベースが無駄に大きく、建物同士の隙間が広くなってしまうので、
隙間が無くなるように加工しています。

RIMG9407.jpg

続いてレイアウトに設置するための準備を行います。

3ミリベニヤに、建物の輪郭に合わせ、1x2ミリのプラ棒を接着しました。
プラ棒は1ミリ角のを2段重ねにしたものです。

RIMG9408.jpg

ベニヤを、プラ棒の輪郭に沿い、カッターで切り取りました。

RIMG9411.jpg

今回は、以上でお終いです(^^)

RIMG9412.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

住宅の敷地を作る

駅前に前回作ったベニヤ製のベースを置きました(^^)

今後、この付近の住宅はすべて同じようなやり方でベースを作り、残ったカーペット部分に
ライトセメントを塗って、道路を作ろうって訳です。
他の方法に比べ、効率が悪くどんくさいかもしれませんがw、建物と道路の段差を小さく
でき、継ぎ目のない道路が作れるので、私は気に入っています。

RIMG9415.jpg

次はこれらの住宅です。

KATOとトミーテックではベースの規格が違うので、縦横それぞれ寸法が揃うように
加工しています。

RIMG9416.jpg

ベースの厚みも微妙に違い、歩道と段差が出来てしまうので、下にプラ板を挟んで
調整しました。

僅かな段差ですが、模型でもバリアフリーにしていかないとね(^^)

RIMG9419.jpg

とりあえず、出来上がった2ヶ所のベースを固定しました。

本当は道路がカーブするのに合わせ、住宅の塀や花壇をカーブさせたらリアルなんだけど
実際にやるとなれば大変そうだしねえ。。。
歩道側でカーブさせ誤魔化すしかないかな(^^;)

RIMG9421.jpg

ここでまたトミーテックの建物を買ってきました。

なんやかんやと文句を言いながらも、手頃なのでつい買ってきてしまいます。
これでもう少し、しっかりとした材質で作ってくれれば、申し分ないのですが(^^;)

RIMG9424.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

線路沿いにギザギザな住宅を建てる

今回は線路沿いに建つ住宅の工作です。

敷地は、線路と道路に挟まれた変形な土地です。
普通に住宅を横一列に並べることもできるのですが、それでは楽しくないので、3棟を少し
ずつずらして建てようと思います(^^)

RIMG9425.jpg

とりあえず、ベニヤ板でベースを作りました。

このまま付属のフェンスを取り付けると、線路との間に三角の土地が出来てしまいます。
これじゃあ、せっかくの土地が勿体ないですねぇ。。。
ここは何とかしないと(^^;)

RIMG9430.jpg

まずは、捻れていたキットのベースを切り落としましたw

RIMG9431.jpg

続いて、敷地と線路の境界に、3ミリプラ棒を接着しました。

プラ棒には予め、TOMIX 3021の柵を取り付けるために穴を開けています。

RIMG9433.jpg

住宅を区画するプラ棒を接着しました。

RIMG9435.jpg

裏庭となる部分には、ベニヤの木目を消すためにライトセメントを塗りました。

RIMG9437.jpg

これで一昼夜の乾燥待ちです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

庭をフェンスで囲う

道路側の庭も作ります(^^)

真ん中の住宅はインターロッキング風に、津川洋行のプラスチックペーパー レンガ150を
使いました。
手前のは普通に土間コンなのですが、目地として0.4ミリ幅のプラ棒を接着しています。

RIMG9438.jpg

道路側にもライトセメントを塗りました。

RIMG9439.jpg

それぞれの庭を、色々な方法で仕上げてみました。

RIMG9443.jpg

線路との境界にTOMIX 3021の柵を接着しました。

ここでちょっとしたトラブルがあったので書いてみたいと思いますw
既に何箱使ったか解らない位愛用しているこの柵ですが、これまでタミヤのラッカー系
缶スプレーで塗装していたのを、今回初めてエアブラシで塗装してみました。
使った塗料は、クレオスのMRカラーで、こちらもタミヤと同じくラッカー系です。

で、乾燥したフェンスを取り付けようと手に取ったところ、ポキッと折れちゃったんです。
2本目も、3本目も、結局 1箱塗装したのが殆どバラバラになってしまったんですww
あまりにおかしいので、トミックスに怒鳴り込んでやろうと外箱を手に取ると、ABS樹脂って
書かれているのをみて、ピンと来ました。

ラッカー塗料に含まれるシンナーにより、ABS樹脂が脆くなったのでしょう。。。
でも、缶スプレーで大丈夫だったのが、よりソフトなはずのエアブラシでなぜ駄目だったの
かな???
どちらも同じラッカー系だけど、シンナーの強さが違うのでしょうか?
今度、暇な時でも実験してみるしかないかな(^^;)

RIMG9444.jpg

背の低い柵だけじゃ危ないので、キャスコさんのネットフェンス グレーを付けました。

手前のトミーテックのフェンスと比べると、繊細で良い感じです(^^)

RIMG9448.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村